06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娯楽から読み解く #真田丸 11話の脚本

脚本がよかったので、娯楽の視点から見てみようと思う。
面白さとは娯楽を指す。娯楽は意外性から生まれる。人間は予測する生き物であり、それが裏切られたときに面白いと感じるからだ。詳しくは鳥山仁さんの純粋娯楽創作理論をお読みください。創作する方には一度読んでいただきたい電子書籍です。安いよ!

面白さ(娯楽)は「予測」と「予想外の展開」の二つの情報でできている。何もないところから予測は出てこないので、「予測に必要な情報の前フリ」を提示して予測させることになる。

おこうの舞を例にとってみましょう。
おこうは信幸の妻だが病弱である(予測に必要な情報の前フリ)。信幸はおこうに「源次郎を広間から出すな」と命じる(予測に必要な情報の前フリ)。そして祝言の日に源次郎は兄を探して広間を出ようとする(予測)。おこうはどうやって引き留めるのか?(と次の予測をする)。おこうは源次郎を呼び止め、病弱な体を押して踊りを見せる(予想外の展開)。

本題に入りましょう。
前半は「祝言を挙げるか、挙げないか」で話が二転三転する。
父と兄は認めてくれそうだが「心もとないのが母上だ」(予測)。予想通り、薫は梅との結婚に反対し、彼女の許可を得ようと源次郎は策を弄する(認めてもらえると予測)が、佐助が失敗(予想外の展開)して母にバレてて怒らせてしまう(次の想定外)、ストレートに再度お願いしてみるものの(予測)頑なになってしまった母は頑なになってしまった(想定外の事態)。父・昌幸は薫の説得に当たり(うまくいくのではと予測)、結婚自体は認めさせたものの祝言はなしと決まった(想定外の事態)。
とここまででコロコロ変わっている。

源次郎からの父母への働き掛けはもうできない。
「やっぱりやりたいなあ」と後ろ髪を引かれつつも(予測)「今夜が私たちの祝言」と梅が話を終わらせることによって「祝言をあげるかあげないか」という予測が終了し、この件はいったん区切りがつく。

室賀が昌幸を暗殺しようとしているのではないかと話が持ち上がる。これは昌幸たちには想定外だが、視聴者は知っているので前フリとなる情報です。出浦は源次郎の祝言の場を利用することを提案する(更に予想外の展開)。
単に「祝言をやっぱりやることになりました」というだけでは裏表がひっくり返るだけで単調すぎる。予測の範囲内だから意外性はないので飽きる。祝言を血で染めるという非情な発想が加わって視聴者は驚くのである。

そして引き起こされた予想外の事態はこれだけではない。
先週、祝言の予告が流れた時点で、視聴者が思い出したのは軍師官兵衛のときの、おたつの祝言襲撃事件だろう。軍師官兵衛そのものが予測に必要な情報の前振りとなっているのである。「おたつのときのように梅が死ぬのではないか」と視聴者は予測したのだが、死亡フラグが立ったのは室賀だった(予想外の展開)。
私は知らないのだが、結婚式を襲撃するというのはよくある展開なのだそうだ。そのテンプレを利用して「逆に室賀をおびき寄せて仕留める」となると、状況は似ていても視点や仕立てを変えただけでずいぶんと意外性が出て目新しくなる。
このように、ひとつの展開で4つも予想外が出てくるわけで三谷幸喜は天才かよと思う。

後半における意外性は、室賀が暗殺を仕掛けるのか否かという点に変わる。室賀は暗殺を請け負ったものの(予測)「あいつは幼馴染じゃ」と一旦断る(予想外の事態)。正信は徳川が後ろ盾になると言い、室賀は再度暗殺を決める。話が反転することで気持ちの揺れを表現することにもなり、展開が読めなくなる。
祝言のとき、昌幸は囲碁をやろうと室賀に持ちかける。暗殺するのに二人きりの方が都合が良いのに、「わしに勝ったことなどないではないか」と室賀は気乗りがしない様子だ。二人きりになることを避けることで、「室賀にまだ迷いがある」と予測できる。
囲碁を打ちながら昌幸の方から暗殺の話を切り出し、「家来になれば許す」と逃げ道を与える。室賀は受け入れるのか(予測)。
室賀は「武士として人として、お前に劣ったと思ったことは一度もない。ただの一度も」「わしの勝ちじゃ」と言って懐の小刀に手をかける(やるのかと予測)。しかし室賀は小刀を碁盤の上に置き(予想外の展開)、あきらめたのかと次の予測をさせる。しかし室賀は「お前の家来にはならぬ」と言って、足に隠した武器を出して昌幸を襲おうとする(予想外の展開)。

とまあ祝言と暗殺に絞ってもこんなに予想外が続くのですよ。この2点以外のことも細かく拾えばもっとありますが、キリがありません。

脚本についての話はページを改めて続きます。

意味が解らなかった会話

別段記事にするほどでもないんだが、言葉の意味が解らなかった話。

小学二年生のときのことである。
その日は給食当番で配膳をしていた。
担任の先生は背の高い若い男性だった。副菜を机に置いたときに先生が、
「これが先生の?」
と言ったのではいそうですと答えたと思う。

なんでそんなことを聞いたのかそのときには分からなかった。
子供なもので一人一人の分量の加減が分からず、最初は少なめによそって後があまったと記憶している。で、先生を真っ先に配るから少ないのが当然渡ったわけだ。先生は「少なすぎだろ」と言いたかったんだろうけどまったくもって伝わらなかった。

小学二年だったというのもあるんだろうけど、やっぱり「少ないからもう少し増やして」と言わないと分かんねーよと思うのであった。

発達障害のコミュ障は結果

発達障害と言えばコミュ障がつきものである。
会話が苦手で意思の疎通や空気を読むことに難がある人が多い。
案外と多いのが感覚過敏や鈍磨である。特定の肌触りや音が苦手だったり逆にお空腹感や満腹感が分からなかったりする人が結構いる。

もしかしてコミュ障なのは感覚が人と違う事が原因のではないだろうか。

何かの本で読んだが、定型発達者は人の顔を見るときにはそれ専用の神経というか、脳の場所が活動的になるらしい。ところがアスペの人が人の顔を見ると反応するのはモノを見るときと同じらしい。そこからすでに違うのである。

五感も人と違うし、コミュニケーションに必要な感覚の入出力デバイスやセンサー、ケーブルの類がちょっと違うのだと思う。

theme : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
genre : 心と身体

#広島モレミ2 に行って来た。

モレミ=モレスキンという手帳ユーザのミーティング。ツイッターで参加募集を見かけてホイホイ参加してしまいました。参加者どころか主催者のKyrieさんのことも今回初めて知ったと言う無謀さ。

モレミと言ってもモレスキンユーザ以外でもOKよという集まり。こういうの参加したいなあと思ってはいたんですが近場ではなかったんですよ。去年あたりから手帳熱がぐあっと上がって一日一ページのほぼ日手帳まで買ってしまったくらいですからね。案外一日も休まず続いてるのが自分でもびっくりだよ。

作業やお仕事、ミーティングに使えるレンタル仕事場のお店がありまして、そこで開催。スタバでノマドだと足りない人向けのスペースですね。

総勢6名と相成りました。そのうちの4名がNotebookersのライターという。アウェイな感じになったらどうしようかと思いましたが杞憂に終わりました。

ずらずらと手持ちのノートを出して見せて貰う訳です。けっこうみんな気軽にどうそどうぞと見せてくれるんですが、じっくり読んでいいものなのかと遠慮気味にざっくり眺めてみたり。

やっぱり使い方が本当に人それぞれなんだなあと。当たり前なんですけど、実際に人間にあって目の前で見せて頂くと実感できるんですよ。同じ手帳しか使わない一筋な人やあれこれ手を出す人、一冊にまとめる人や目的別の人、私は罫線が好きなんですがセクションがいいとか、イラスト描く人は無地がいいわけで。
私の嫌いな裏抜けもむしろウェルカムな方がいて、その発想はなかったなあと。
私は文庫サイズ程度の小さい手帳がメインなんですがモレスキンのラージがメインの方とか。おおこれがラージサイズかあと。店頭で眺めて手に取るだけのときと実際に人間が使ってるのを見せてもらうのではサイズの実感が違うんですよ。
モレスキンの人は小口の上の方にスタンプで何冊目とか何月から何月からまでを記録してる人がいて、おう、これやるんだなあと実感したり。そもそも私はあまり書かないので連番つけたりしないのよねえ。
飽き性もあって自分のスタイルというものがないので、自分のやり方が決まっていて余計な事は手出ししない人というのはほれぼれしますな。
メモ帳はどこに置くか、ポケットにはロディアだとか。Evernote使ってるとか、会社ではマッキー使うというのがなかなか意外でした。インクの書き味の合う・合わないのこだわり。色彩雫の月夜いいよねとか。
フリスクサイズのメモ帳やら会社で頂いた手帳とか持って行って話のタネにしたり。
イラストや絵を描ける人はやっぱり羨ましいですね。すらすらっとうまいこと描いてしまうので何者感があります。

なかなか現物が見られないつくしペンケースがあるとか、試し書きしてみたかったインクや筆でまんねんを試せたり。マステのおすそ分けをもらったりあげたり。

当たり前なんですがみなさん文具も好きなわけで、全員万年筆を多頭飼い。私ですら4本持ってる。全員の集めるとこんなん。
unnamed.jpg
LAMYは私以外みんな持ってたのではなかろうか。さすがハンズで「万年筆初めてなんです」といったら薦められただけある。

そしてモレミのお約束らしき、ノートでタワーを作る。多すぎて倒れそうなんで複数名で支えました。これで6人分ですぜ。
image_20150222111330785.jpg

あとはお好み焼き食べてこういうお店の人ってほんまに元気やなあと思ったり、狭い文具雑貨屋に5人でぎっしり詰まってみたり。古民家の店で唐突に紙芝居みたり。猫フェアをしてたんですが、猫雑貨を買うと何か負けた気がするという理由で買わなかった。
広島だし鯉のクリアファイルにしようと買ったら金魚だったとかそういうありさまでした。
スタバでまた雑談しつつ手帳を広げて二回戦模様。
ショップカードの二枚おろしの実演が面白かった。確かに二枚もらうのは忘れるし貼る時にかさばるもんね。

というわけで久方ぶりのオフでしかもほぼ知らない方とでしたがとても楽しく過ごせました。

theme : 文房具大好き!
genre : 趣味・実用

買い物衝動そして飽きる。

衝動買いがやめられない。悩む時間は結構長かったりするので衝動買いでもないかもしれないが、衝動である。
夏は博物ふぇすで万単位のアクセなども買ったが秋口は比較的普通に、予算内に収まっていた。先月あたりから手帳の衝動が抑えきれずにほぼ日手帳の英語版や手帳特集の雑誌を買いあさった。
で、すぐに飽きるのである。人の手帳が見たくてインスタもアカウント取ったのに二週間以上放置している。
で、今回は電子辞書が衝動的に欲しいのであるというかもうすでに買った。
旦那に相談しても「そうやってタブたくさん開いて調べ始めたときは必ず買う」「今まで買ったものは全部飽きた」「調べても購入ボタンを押すまでの時間が延びるだけ」

そして翌日に翻訳をする必要がないことに気づいて、キャンセルしたのである。

旦那が浮いたお金に少し足して新しいiPad miniでも買えばと言っていたが、最新のは四万八千税別くらいで全然シャレにならない。それに眼が悪くなったからRetinaがどうこう言う前に、メガネとかオリガのCDとかデジタル耳栓とかいろいろある。

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。