08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/9博物館ふぇすてぃばる!初日後編

 ファブリカ・ディ・ビータさんのところで20万円のガラスの骨格標本を見る。画像で見たときよりやっぱり実物の方がすごくておおってなる。だって骨格というほとんどが中空な代物でものすごく技術がいるんだろう。ガラスペンの問い合わせが多かったそうで明日は持ってくる予定とのこと。

 カンブリ屋さんのカンブリア紀古生物花札は必ず買うと決めていたものである。ロット的に在庫切れの心配はしてなかった。花札と同じ絵の缶バッチとクリアファイルを買った。アノマロカリスのぬいぐるみはだいぶ売れた模様。花札は説明書が入っており、絵柄と生物の解説、こいこいの遊び方など。クラウドファンディングの協賛者の名前があり、その中に土屋健さんのお名前も。
20140817163154a07.jpg

 ワークショップのアナガッチンガーの講演のアナウンスがあり、気になるがぼやぼやしてるうちに定員。「化学で解く!生物の謎」も気になるがこちらは時間の都合で断念。

 こうもり屋さん。コウモリ自体はあんま好きではないんだが見たら結構かわいい。Tシャツの在庫があればと思ったが小さいのしかなかった気がする。お目当ての手ぬぐいだけ買った。手ぬぐいもたくさん持ってるから増やしてはいけないものの一つなんだが結局買ってる。おそらく南十字という作品名だったかと。これからのハロウィンに向けて紫がステキ。
201408171636025cd.jpg

 パイライトスマイルさん。ここも2ブースあって売り子さんが結構いるのに人が途切れない。Tシャツは何か買いたいが自分は着ないので旦那の土産用に。夫婦ともに馬好きなので、以前旦那がカッコいいと言ってた鷹匠と迷ったがやはり電気ウナギTシャツにしました。イベント特価でお安くなっておりました。裏側にもワンポイントがあってかわいい。旦那にもストーリー性のあるイラストレーションが面白いと好評でした。横っちょにガクタメの黄銅鉱の標本が置いてあって、あーあの黄銅鉱Tシャツのデザインってそういう意味だったのかと納得。
20140817215628419.jpg

 ZUCKERさん。イカとタコのDJTシャツかわいい。薄い本買いました。写真ではわかりにくいですがテカテカの印刷や特殊紙、遊び紙、変形裁断、本文はザラ紙というちょっと凝った装丁となっております。ハルキゲニアが主人公のモノクロ絵本。細い線と雰囲気が好みです。文章は少なく描き込みは多く。パブー電子書籍版もありますが独特の質感を是非紙で味わって欲しい二冊です。
20140817163356003.jpg

 時計荘さん。鉱物を使ったジオラマ、本物はちょっとお足が。で、ポスカのみお買い上げ。蛍石じゃらじゃらしたい。ちなみにポスカが入っている袋はエンボス加工でロゴが浮き上がるステキ仕様です。
2014081716315846e.jpg

Effe*さん。薄い本を購入。一度友達とやった浜での貝殻やシーグラスを探す行為はビーチコーミングと言うのだと知る。必要なものや注意点、臭い対策など実用的な一品。
20140817163159fe9.jpg

 会場には4時くらいまでいただろうか。出口を出てすぐ右手側に普通にたくさんの机と椅子があって休憩スペースとなっていた。長時間の過集中や暑さで気分が悪くなっていた。もそもそと買っておいたカロリーメイトを水で流し込んだ。スヤァとお休みの人もちらほら。
 ミュージアムショップは子供向けのもの置いてないようだ。
 帰り道を何故か間違える。門やお堀、千代田会館などを写真に収めるも天気悪く写りは今ひとつ。九段下の駅でちゃんと大荷物を回収。

続きを読む

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

体験乗馬再び

旦那の誕生日プレゼントとして二人で体験乗馬をすることにした。前回とは違うところである。
行きは高速を使い、旦那がセレクトしたパスタ屋に入った。なんでイタリアンレストランって店内の掛け声(オーダーとか)がイタリア語なんだろう。中華料理屋はそもそも従業員が中国人だったりするけど。
ランチセットは六種の前菜。こういう色々ちょっとずつ食べられるのは嬉しい。牡蠣のクリームパスタにした。
トイレも可愛らしい内装やインテリアだった。誕生日や記念日の方はささやかなプレゼントと書いてあったので申し出たらデザート盛り合わせを出してるくれることになった。
で、運ばれたら小さなケーキが何個が載った更にはチョコレートシロップで「Happy Birthday」と書いてある。なんと線香花火が立てられていた。これにはびっくり。旦那はやっぱりこういう予想外のことがあると嬉しいと言っていた。少し時間が早すぎたので観光をすることにした。ちょっとした歴史的な対ものや神社、土産物屋が歩いていける範囲に点在していて、なかなか観光地としてはいい。天気もよくて寒過ぎなかった。
少し離れた和ものを扱う店に入った。自宅兼店舗で庭は日本庭園なんだけど色々おいてある。
中は着物や端切れを使った商品はそんなに多くはなくて、何故か非売品の店主のコレクションが棚の上に並べられていた。古いおもちゃとかで、カオス空間になっていた。傘が壊れて新しいものが欲しかったのだが、ちょうどミュシャの傘があったのでお買い上げ。美術館で買ったらとても1500円では買えない代物だ。香立てに使える陶器の穴の空いた玉も欲しかったけどやめた。財布に入れる小さなガラスのお守りを買った。金箔入りの馬だ。

乗馬クラブに行くと、まあ規模が全然違うから施設や設備が劣るのは覚悟していたが実際に行くとかなり不安になる。安い土地を使うわけだから不定形になるのはいいんだけどまず駐車場がない。道端に止めるしかない。道がかなり狭くてUターンするのが非常に大変だった。
で、建物はプレハブなわけです。わかってるけど先に立派なの見てるから落差がある。
子供が障害競技の練習をしていた。白馬に乗っていたがよく見ると馬の腰部分に雪の模様が浮き上がっていた。毛の長さを刈り込んでいるんだろうか。他にもハートマークが浮いてる馬もいて愛情を感じた。
ちなみにこの子、オリンピックの選手だそうだ。そういえばブログでも東京の大会に行く様子なんかが書かれていて実績あるんじゃなかろうか。
予約を入れたときには長ズボンとしか言われなくて、一応軍手は持って行った。なんか色々と対応が雑で不安になった。ヘルメットは適当に合うのを選ぶように言われた。ブーツも貸してくれるのかと思ってローヒールのショートブーツ履いてたけど、乗馬用ブーツは履かなくていいと言われた。プロテクターもないし。某大手は乗る前に馬の説明とか色々あったんだけど、こちらはいきなり「馬の準備ができましたので」と。久方ぶりに見たら馬がデカイのなんの。ビビるわ。
大手の体験乗馬は、もうドーナツ状に通路が組まれていてそこをぐるぐる回ったり真ん中を開けてそこを右左折するだけだったんだけど、今回は広い牧場の空いているところを適当に回る。
旦那の馬と私の馬は仲良しだと言っていた。私のは21歳で寿命が25歳くらいのはずなので結構なご老体のようだ。
腹を蹴っても無視される。もっと強く合図しないと伝わらないですよと言われる。旦那の馬とぶつからないようにポクポク歩かせる。曲がる時は手綱を進行方向に引っ張るものだと思っていたが、「手綱を引かなくても横に手をずらすだけで察してくれますよ」と言われた。
旦那の方は女性の方が見ていて、私の担当は見るからにコミュ障の若いお兄さん。私についている彼を女性があれこれと指導している。
で、旦那の馬が落としたボロが進行方向にあったんだけど、何故か私の馬が急に立ち止まり、顔を突っ込んだ。厩務員が止めさせようとして、私も指示通りに腹を数回強めながら蹴るがまったく動かない。私からは何をしているのかは見えなかったが、馬が頭を上げた瞬間臭かったんで食べてたんじゃないかと思う。
そんなんでモタモタしてたら見かねた女性の方とバトンタッチしたら、何事もなかったように元の通りに歩き出した。その後はやや早足をやってから後は好きに回っていいですよと言われた。随分と自由。
大手の方はマニュアルがきっちり決まっていて、ちゃんとしてた。若い厩務員さんも挨拶をよくしてきちんとした印象だった。
で、ぼへーっとゆっくり、のんびり屋のじいさんの背中で景色を眺める。体温が触れてほんの少し足が温かい。前回の体験乗馬では感じなかったまったりのんびり感である。雑な対応ではあるがマニュアル化されていない分自由にさせてくれる。
乗馬はどうしても金のかかる趣味である。こちらはビジターと言って入会金や月会費ではなく一回ごとに払うこともできる。しばらくやってみて判断したい人用に10回コースや、入会金の半額を払って、続けるなら二年目に残りの半額を払って正会員になるコース(実質的な入会金の分割)もある。
厩舎の見学に行くと、ホームページに書いてあるより随分と馬の数が多い。後で聞いたら半分は自馬と言って、馬主が預けているものだそうだ。預けてるのは普通の会社員の方ですよって言ってたけどそれ普通じゃないと思う。
馬の名前と父母の名前が書いてあるが競馬は詳しくないのでどんな血筋なのかは判別不能だ。競技会で賞を取った馬にはその名前が書いてあるリボンが貼り付けられていた。
二回目に見るせいか馬の個性が濃いように思えた。幽霊のようにひっそりと気配を消してるやつが二頭くらいいた。窓の金属部分をひたすら加えてそこだけ色が変わってるやつとか。一頭だけ厩務員から「そいつは噛むので気をつけてください」と言われたのがいた。来て半年経つけど未だに噛みつこうとするんですよと言ってたけどなんでそんなの買っちゃったのさ。自馬なのか?
さっき干し草を食べていた白馬が振り返ると頭を上下に降っていた。痒いのかしらと思ってたら旦那が異様に馬鹿受けして、「じわじわくる」と思い出し笑いまでしてた。
旦那はまた私より上下の揺れが激しい馬だったみたいだけどでもそれがかわいいとかそんなこと前回も言ってたな。日常のストレスが吹っ飛んだと言ってた。やっぱ人工都市と人間に疲れたら自然や動物がいいですよね。

theme : 日記
genre : 心と身体

何か書きかけの日記12/23

旦那と父

旦那が「男親の意見が聞きたいから、就職の相談がしたい」というので父にその旨を伝えた。
9時くらいに仮眠を取ろうとして、目を覚ましたら翌朝の6時に目が覚めた。化粧落としてないじゃん! ということでパンを焼いてだらだらして風呂に入った。
微妙な位置にある古民家風な店内はそのままの木材を活かした造りで、落ち着いた雰囲気だ。器も置いてあって、一輪挿しが欲しくなかった。
事前に調べたときにはホームページに載っていたメニューはなかった。旦那はエビフライカレー、私はサイコロステーキにした。予定があるので待ち時間が長く感じられたが、時計を見るとそうでもなかった。
肉美味い。器もいいし、鉄板は何故か中心に陶器が入っている。味噌汁が、出汁が効いてうまい。魚の切り身が入っていて、鯛みたいな味がするけど黒いのでクロダイかなあ。

腹がパンパンになった。台湾の食材の店に行ったらすでに潰れていた。図書館で本を借りてお金を下ろして旦那に生活費を渡し、ドラッグストアで買い物してから実家に行った。そしたら姉夫婦と甥っ子がほぼ同時に来ていた。

先週の買い物。

20131223013332999.jpg
マトリョーシカの付箋、日付スタンプ、筆ペン、ペンホルダー、スタンプインク、シャーペン、トラベラーズノートののリフィル二冊。
20131223013335e85.jpg
レトロ柄がかわいい蓋と茶漉し付きカップ。
201312230133338c2.jpg
適当なキッチンタイマー。セールワゴンから買ったのでちょっと安かった。
20131223013336fbc.jpg
旦那からは帽子が似合うのに被らないねと言われていたのを思い出して買いました。
20131223013605f74.jpg
あとクリスマス仕様のネイル。

theme : 日記
genre : 心と身体

ただの買い物

馬への未練がまだ残っています。お金があればやれるのに。月給が+3万円欲しいですね。
最近は休みの日は朝食にパンを食べます。久方ぶりに食べたバターがおいしくて多めにつけたら腹を壊しました。

土曜日は病院行って、図書館でリクエストの申請用紙を持って帰ろうとしたら案外枚数が置いてなかったので数枚にとどめました。

本当に正しいフェティシズム ~性的嗜好大事典~ (SANWA MOOK)本当に正しいフェティシズム ~性的嗜好大事典~ (SANWA MOOK)
(2013/09/27)
鳥山 仁、九瀬 足波 他

商品詳細を見る

ちなみに鳥山仁さんのこの本もリクエスト申請しましたが、却下されました。18禁じゃないのにさ。自腹で買ってもいいけど、すでに本が本棚に入り切らない状態なのでちょっとまだ迷ってます。手元にまだ積ん読あるしなー。

ガソリンをついでショッピングセンターで文房具屋をうろうろ。よく考えたら来週も大きな文房具屋に行くのでほぼ何も買ってないような。その代わりに冬用のパジャマと処分セールのネイルなどを大量に購入。さらに化粧品売り場をうろついて色々買いました。左上からブルジョアのミニネイル、パックスナチュロンらしきローズ石鹸、ローズの香りのハンドクリーム、paのネイル、リアルカラーネイルは定価525円が300円だったのでまとめ買い。
2013120817320922a.jpg

少し昼を過ぎた頃に家に帰り、買い置きのカップラーメン。インスタントって言っても背脂入ってるしおいしくなったもんだなあ。

ずーっと「スクラップブッキング作らなきゃ」って思ってたけどなかなか怖くて政策に取りかかれずにいました。道具を出すだけ出して、先に年賀状を作りました。いつもはプリンタで済ませるのですが、万年筆を買ったので今年は手書きメインです。手作りの消しゴムはんこ(私が作ったのではなく購入したもの)やひらがなスタンプとメッセージ添えて作りました。ぼっちの特権で年賀状の送り先が片手で足ります。しかも二人は会社関係なので出さざるを得ないだけなんで、友人一人と義母が個人的な付き合いですね。 義母は年賀状しかつきあいがないので顔をすっかり忘れてしまい、すれ違っても気づかなかったことがあります。

で、スクラップブッキング作ったらちゃんと昔みたいに色々思いつくし、結局は一気に二枚も作ってしまいました。教室がなくなってもうやらなくなってしまうのではないか、という恐怖があり、実際数ヶ月間手をつけませんでした。そのくせ必要な道具はどんどん買って行くというアレゲな状態が長らく続いていました。
別にプロじゃなくても、いやプロじゃないからこそこういう創作に対する恐怖みたいなスランプのような状態になるんじゃなかろうか。
20131208174137fef.jpg
20131208173855573.jpg
これは二枚とも六月の写真ですね。バラとアジサイ。束になった写真を見返したら一月に行った下関の写真が手付かずなのに気づいた。平家一族のお墓参りした思い出。

旦那と久方ぶりに近くの喫茶店で晩御飯を食べた。私が物心ついたときには存在していたので二三十年前からあると思う。メニューもそのときから変わらない。ぞうすいと、焼き麺。ゴージャスにかに雑炊頼んだら缶詰のほぐし味とかじゃなくてちゃんと殻のついた爪が入ってた。
で、旦那が妙に和んでた。今時のカフェでは消して出せないこの「実家にいるかのような落ち着き感」。これって長く続いてる個人店ならではですね。あと旦那が、マスターがコーヒーをちゃんとサイフォンで入れてるの見て感心してました。あのコーヒー飲んでみたいって言ってた。

まあなんかテレビ見てたら風呂に行くタイミングを再々のがして、チャットして風呂に入るって言ったけど実際はネットサーフィン(これ死語だよな)やらなんやらでまたまたガンギマリで目が疲れたり気分が悪くなったりしてやっとこさ風呂に入って、またパソコンを凍えながら見てたら二時くらいに寝ました。

日曜はまた早起きしてパン食べてなんか色々やって二度寝しようとしたけど旦那の布団に滑り込んで話をしていたので結局は仮眠は取りませんでした。お昼はお弁当屋さんが閉まってて結局はマックにしました。

theme : 日記
genre : 心と身体

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。