10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびりおデート

いやー日差しが強烈で思わず日焼け止め衝動買い。
海辺のレトロな通りでぶらりしました。日曜ですので店は休みが多いし見るところは数件しかありません。
お気に入りの店に彼氏と行きました。古民家築百年。
陶器が安い! おみやげやで普通にカップ三千円とか見てきたので割安感満載。こんなに色がキレイなのに一枚六百円とか。古伊万里みたいなのはさすがにないですけどそこそこにいいものが一つ千円もしません。
客が入るとレコードをかけてくれますがやっぱメロディが優しくていいですね。もちろん蓄音機。音の割れ具合が逆にとっても安らぎます。
そして陶器の兜ですら安い。しかも二割引。高くても五千円で立派なのが三千円もしません。当然コンパクトで飾りやすい。これは姉に教えなくては。大型スーパーだと三万程度であるけどやっぱりかさばるし布は劣化するしね。目新しい方が値段が分からなくていいと思う。
おいっこはもうすりつぶしてない米をぱくぱく食べているそうです。がんがれ。墓の手入れよろしくな。

そこの名物が石焼き塩焼きそば。冬はタイ式すきやきとモッフルがあったらしい。
二階の食堂の眺めは最高です。「きれーい」ではなく「のんびり」なのです。子どものとき夏休みに行った田舎のおばあちゃんちみたいな感じで確実に時間の流れが違います。うーんリフレッシュ。二人でいちごパフェを分け合って食べました。ソフトクリームがなにげにおいしいのである。

あと和菓子屋で大福買って家でお茶しました。

図書館で見つけてしまった石田徹也。
石田徹也遺作集石田徹也遺作集
(2006/05)
石田 徹也

商品詳細を見る

日曜美術館で取り上げられて知名度があがった人であるるこんな天才がよくも知られずにいたものだ。灰色がベースで鬱になる絵ではあるがずいぶんとした天才がいたものだ。画集を見てシュルレアリスムっぽいと思ったらダリの影響を受けたらしい。
ラリーマン的で大量生産物のような無機質さ、瞳の光のなさ。直接的なグロ表現はほとんどないが箱形に固められたリーマンや、履歴書を顕微鏡人間に見られている面接シーンなど、視線の怖さ。現代社会のおびえがある。
予想通り変な妄想や誰かに見られている被害妄想を抱き、踏切自殺で31歳にして夭逝という典型的なアレな人生である。気分は明るくないが生きづらさを感じる人は一度見てみてはどうだろう。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。