08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の思い出

高速の反対車線で起こった事故を眺めて行きました。
彼氏は地図が読めないだけでなく急にハンドル切ったり前を見てなかったりして危ないんですよ。反対方向に曲がるし。案の定無駄に遠回りしました。まあいつものことです。

まずはホテルの駐車場に止めて荷物だけ預ける。うちの県はサービス業の接客態度がワーストなので他県に行くと感激する。駐車場のおじさんも車庫入れ案内してくれるし、みんなサービス行き届いてます。きれいな水色と赤茶色のツートンでまとめられた美しい配色のホテルですた。

買い物は土産物屋には行きませんでした。めんどいので。念願のお香の店でローズのハンドクリームを試したかったけどサンプルがなかったので店のお姉さんが私物を貸してくれたので買った。お香も予定より多めに買った。いい姉さんだったので次の日にも行ったけど違うおばさんしかいなかった。

美術館で絵画を見てついでに会社の資料館の方も見たらこっちの方が面白かった。レトロな看板やら好きなものがちまちまあるのね。当時の写真やら社長の格言やら当時の社長室や応接室が雰囲気あってよかった。
レトロな建物がたくさん残っていてひの一角がファミマ。そこの部分だけ現代。壁取り除いたら駄目だよぅ。
湯水のように銭を使って自分土産を買いあさりました。いやーこんだけ離れた場所に行くと現実から離れられていいですのう。
そして夜はよく撮影にも使われるレトロな迎賓館で夕食。暖炉とかあるし椅子の記事も文様がいいし昔の金持ちっぽいので二人で「銭ズラー」と言いました。店員のおばさんが正しい意味でメイドでした。
部屋を散らかして荷物を広げた。説明したのに関わらず彼氏がユニットバスなのに床をぬらした。福袋のバスジェルを持ってきたので二人で仲良く入りました。
夜景は港の無効の明かりがきれいで、千円高くてもこっちにするべきだぁなと思いました。

それにしてもヤーさんというかチンピラぽい人が多いです。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。