10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶会

えーとなんかこうすでにできあがってるグループに参加するのって……二人とも人見知りなのに相席。ええあまり話しませんでしたよ。同じ茶盤使うからど゛うですかぐらいは言うけどな。ほんとすんません。

なんかみんな何度目かの参加のようで暗黙のルール特に説明なしなので空気の読めない二人は何かと戸惑うのであった。
若旦那の立て板に水の蘊蓄をBGMに進んでいきます。茶盤はありますが若旦那が煎れたお茶をピッチャーでくれます。二杯まで。
聞香杯(もんこうはい)が熱い。
まずはジャスミン茶の砂糖入り。実は台湾ではお茶に砂糖が入っているのが普通しかもも濃いめ。今は逆に日本の砂糖なしの習慣が逆輸入されているそうだ。

鉄観音って焙煎が進んでるイメージだったんで敬遠気味でしたがやたら青臭い。二杯目は香りも味も良質。最高級の岩茶。これは茶葉のときの方が香る。20g3000円のお茶。

若旦那は多分オタクらしくiPod専用のスピーカーに2代目nanoをさしてBGMを流している。演歌っぽい曲が流れていたので「演歌だね」と話していたら急に曲が変わった。まあ席が近いから聞こえてたんだろうけど。システム的なことは謎……いやリモコン付きぐらいあるか。

そして雑穀の入った餅を載せたお茶漬け。昆布茶を振りかけて梅干し、焼鮭、小松菜の漬け物がおいしい。とりそぼろなど具だくさん。そこにまた阿里山茶をかけていただきました。滋味な感じ。おかわりしたので普通に食事でした。
シメは紅茶です。渋みが少なくて飲みやすい。同じくミルクティー風味のシフォンが出ました。なんかしっとりしたシフォンでコツは企業秘密だそうです。ぱさつきがちな茶葉入りシフォンを作るのに何度も試作して……ってときどき売ってる限定中国茶のスィーツ作ってるのも若旦那だったのかぃっ。
ほんと何者だ。

結局最初に茶房出たのに一番最後に買い物終えた。福袋の予約をしました。私は中国茶の色々セット。彼氏は茶道具一式。三万円相当が二万一千円。いい機会なので「半分ずつ出し合おうよ」って言いました。取りに行くのが楽しみだ。

いつ常連として認められるのかなぁ……
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。