09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情移入から読み解く #真田丸 11話と13話の脚本

前回は、面白さ(娯楽)とは意外性であるという観点から分析してみました。
さて、室賀が暗殺を受けて以降の後半についての説明、少し違和感がありませんでしたか? 私は娯楽の視点で見ていたのですが、後半はどちらかというと感情移入がメインだったことに気づきました。

面白さと感情移入は水と油。あちらを立てればこちらが立たずという関係にあります。感情移入しているときに予想外の展開など起きたら不愉快になるからです。

具体例をあげて説明しましょう。
主人公は美形で異性にもモテモテ、仕事も絶好調、向かうところに敵はありません。感情移入して読んだら気持ちがいいですよね?
ところが主人公に不幸が訪れます。会社は倒産、彼女に振られたショックで交通事故に遭い、自慢の顔にも傷が残りました。感情移入して読むなら最悪の展開です。

無敵の主人公を例にあげましたが、主人公が無敗のままだったらはたしてお話としては面白いでしょうか?
感情移入を重視するなら、不快な出来事など起こって欲しくないですよね。予想外の出来事がおきる「面白さ重視の話」は、感情移入して楽しみたい人には邪魔なものだということがお分かり頂けたと思います。
ちなみに面白さを重視して感情移入せずに見た場合、主人公が不幸になろうが他人の不幸は蜜の味です。

というわけで、室賀の暗殺に関しては、面白さよりも感情移入を優先した作りになっています。
前半のドタバタに比べると、後半はそれほど予想外の出来事は起きていません。室賀は暗殺を引き受けましたが、昌幸と話した後に本多正信に断りを入れます。ここはそんなに驚くような意外性はなかったですよね。むしろ「そうだよね、やっぱり迷うよね」と室賀に共感したのではないでしょうか。その後の祝言に場面が移っても、迷ったのか決意したのか、揺らいだシーンが続きます。

予測が「やるのか、やらないのか」だけになってしまってストーリー自体は起伏がなくなってしまっているのがお分かり頂けますか? これだけだとダレてつまらなくなってしまうから、意外な展開として「おこうの舞」や「きりちゃんが近くに来る」というシーンが入りました。感情移入したい人にはきりちゃんが(ウザいのを差し引いても)邪魔なシーンでしょう。

昌幸が話しかけてから室賀が懐に手をかけるまでの会話のシーンが、メインの感情移入向けシーンです。ここは昌幸や室賀の内心への思いをはせたりした人も多かったようです。
室賀が斬られるシーンで、もし「黙れ、小童!」などと言ったらどうなるでしょう。面白いかもしれませんがブチ壊しですよね。やはり面白さと感情移入は両立しないのです。

13話でも梅ちゃんはさんざん死亡フラグをへし折って、完全に視聴者を油断させてから裏をかいて死にました。これは娯楽としては完璧だと思います。しかし感情移入重視の人々が期待することは、「死ぬなら死ぬでちゃんと悲劇にしてほしい」わけです。
納得がいかないものですから、梅の行動がバカみたいだとか、せめて死に際くらい描いてほしかったなどの意見が目立ちました。
これにたいしては梅が案外と力持ちで室賀の村との争いに参加した描写があったことや、そもそも人間は合理的に行動するものなのか、ああいう雑な死に方の方がリアルだなどの反論が見られました。
このように、必然性があれば、予想外の展開で不愉快になってもそれをやわらげることができます。

あなたはどんな物語なら感情移入できますか?
自分と似ているキャラは感情移入がしやすいでしょう。自分と似通ったキャラなら、それほど予測を外した言動をする確率は低いですからね。
しかし自分と似てるから共感するとは限らないでしょう。現実ではとてもできないような悪事を行うダークヒーローに自分を重ねて、カタルシスを得るというのもあるでしょう。
私が例に出した「無敵の主人公」で感情移入なんかできるかという人もいるでしょう。「何もかもうまくいくなんてリアリティがない」と。感情移入するのにはリアリティが肝心になってきます。
話すと長いのですが、「リアリティは本人がリアルだと思った方がリアル」というのが実情です。リアリティの意味にもよりますが、強迫観念がかかわってくる場合があるからです。

何もかもうまくいく人生を歩んできた人なら、無敵の主人公の物語を読んでも「めっちゃ分かるわー」としか思わないかもしれません。つまり、何に感情移入するのかは人それぞれなのです。
「面白さはひとそれぞれ」の実態は、「感情移入できるという意味で『面白い』という言葉を使う人にとっては」という但し書きがつきます。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。