05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害を受け入れるコスト

発達障害は名前の通り障害である。

なので知覚・思考などの内面的なものにしろ、知覚過敏や行動などの外面的なものにしろ、理解や手助けが必要である。
要するに提携発達者に対してコストを要求している。身体などの見ればわかる障害と違ってその必要性は理解されにくい。

更に盲導犬が刺された事件などをきっかけにして(事件自体は加害者が存在しなかった可能性がある)、障害者は優しくいたわられるどころか攻撃対象になりやすいことが当事者の証言から分かった。このギスギスした余裕のない社会で発達障害者が優しさのコストを求めて受け入れられる余地は少ない。

そういう事情もあるから、「発達障害には才能がある」などと言わなければならないのだろうと思う。障害があるから才能があるわけではなく、才能がある障害者がいるだけだ。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。