09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/10博物ふぇすてぃばる! 二日目

 午後くらいから参戦。Twitterで混み具合を問いかけたところ待ちはないようだった。

 どうしても欲しかったものの一つ、七士堂さんの家紋風手ぬぐい。海の生き物とタコのみの二種類です。青のベーシックな海の生き物もいいですが、蛸尽くしはタコだけでこんなによくアイディアが出るものかと感心する。ちなみにタコは英語でオクトパス。「置くとパス」のダジャレで受験アイテムでもあります。置物じゃないけど。
201408171634029c7.jpg

 昨日売り切れだった南極ガチャは一人二つまでの制限になっていた。残り二つか三つくらいでやっとガチャを買えた。中身が透けて見えて旦那の好きなペンギンを引き当てたようなので土産として未開封のまま持って帰ることにした。ペンギン以外にもアザラシなど色々いるようだ。400円と一番高かったが中身を見たらとても400円とは思えない出来栄えだった。造形は言うまでもなく立派な台座とネームプレートまでついていた。旦那も気に入ってくれた。
20140817163401e3b.jpg

 いろどりことりさん。配色がステキな品々がたくさんありつつ気になっていたうそ鳥辞典を無事ゲット。まるっこいうそ鳥がかわいい。うそ鳥のことわざ・慣用句など嘘しか書いてない。表紙はトレぺにかがり糸で綴じてある。メモ帳よりちょっと大きいサイズの横長変形で本文は赤と黒の二色刷り。誤植があるのだがその訂正もかわいいので是非手に取って見ていただきたい。ちなみに奥付には抜かりなく出典も書いてある。
 ちなみにおみやげとしてコンビニでプリントできる「エナガではかるあつさ・さむさ対応表」というかわいいナンセンスなものの番号をいただいて後日プリントした。
20140817163155ab3.jpg

 生物生態表現グッズさん。展示ブースにて砂時計理論の解説。興味ある分野と言うこともあったが分かりやすく説明してもらえた。よく見たらニコニコ学会にも出ていらした方だった。

 Ant Roomさんという蟻の展示販売があり好蟻性(こうぎせい)生物というものがあって質問してみた。アリの振りをして巣に住み着く生物のことだそうです。なんでかと更に尋ねると、餌ももらえるし巣の中は安全だからと教えていただきました。「片利共生」で通じたと思うが「寄生ですね。ヒモですよね」と話した。後になってそういえば子供のときに庭でアリの行列や巣穴の出入り口を眺めていたことを思い出した。

 玩具箱さんは数分で完売したため見本のみ。うーんものすごくリアリティがありながらどこか温かみのあるかわいらしさがあり、狐に狐のお面などのワンポイントがとてもいい。九尾の実物見たいなあ。と思ったらワンフェスで大神のアマテラスを作ってたのかあ。

 心残しなもの諸々。
・好評だと聞いていた土偶パントマイムを見逃した。見に行くつもりだったのに。
・小田隆さんがライブドローイングをしたらしい。やっぱトート買えばよかった。
・量子ブラックホールカフェで話を聞きたかった。聞いた人によると難しい話を分かりやすく話してくれたらしい。
・メンダコガチャもやっておくべきだった。あれはかわいい。

 他にも諸々とやっぱあれ買っておけばと思うもの、後になってこんなものもあったのかと知るものあり。しかしワークショップも一つくらいやりたかった。ジオラマ作りも子供に混じってガチの研究者が一緒に製作してたらしい。土偶パントマイムの人など、割とガチな研究者がいたのにあまり話をしてない。特に骨の疑問があったのにAsuraの方と何の話もしてないのがなぁ。今ぐぐって気づいたけど小田隆さんの方がガチャピンの骨格の人だったんですね。ご無礼しました。

 どうしても人気ブースがあり早くから人が並んでいたわけで致し方ない面もあるがお買い物メインになってしまった。もちろん話をしたくても人が多すぎてそれどころではないところもたくさんある。あとガクモンからエンタメ☆略してガクタメのことをすっかり忘れてあんまり見てない。

 つい買い物に過集中してしまいましたが、せっかく研究者がそこら辺にいる状況というものはないですし普段生活してたら接点すらありません。夏休みは割と子供に向けイベントはあるからそういうとこだと接点があるのかもしれませんがこちとらいい大人なわけで。次回からは買い物からは一歩引いてもう少し学術交流できればなあと。ただ人多すぎです。台風で諦めた人も多かったというのに来場者は3500とも3800人とも(両日参加者はカウントせず)。入場規制がかかる状態でそれができるかなあと。

 そしてせっかく理想的なイベントを見つけたというのに自分は出展できるようなものが何にもないってのがね。うん。今書いてる学術っぽいものが版権絡みだしなあ。しかもグッズやイラストが主力なのに私は何も作れない感が。文章もTwitterばっかりでブログすら更新しない有様で。

 もっとなんか出来たらなあ、と。数年後には出展する側に回れたらいいなあ。
スポンサーサイト

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。