07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/9博物ふぇすてぃばる! 初日中編。

 いざ入場すれば段差のことなど忘れていたが黄色と黒のテープで目立つようにしてあったので転ぶことはなかった。すでに場内に人がたくさんいた。

 最初にはルーチカさんのところに並んだ。すでに人がぎっしり集まっていた。目をつけていた試験管ペンダントはまだあった。ショップにはずっと在庫なしだった豆本もオリジナルのツバメノート二種もあった。この豆本サイズのノートは多分ナイト・アンド・デイ・ディンプルより幅はともかく面積は確実に小さい。飾り物は置くスペースがないので一つきりと決めて、歯車に蛍石が載った小さなガラスドームのジオラマを買った。上には金具がついてるのでネックレスにできるだろうか? 値付けが一部まだ終わらないままだったので値段が分からないまま買った。
20140816172230555.jpg
201408161722252d7.jpg
2014081617222420e.jpg

 次に医療系雑貨生みたて卵屋さんへ。メディカルアンィークシリーズ(AQ)がツボである。マスキングテープが転売屋が出るくらい人気らしいが、マステはたくさん持ってるのにほとんど使わないので買えない。前からチェックしてた手帳、薄い本と蔵書票、ノートとカード二種、栞はちゃんと牛革つきで二つに絞った。使う予定はないが包装紙も買った。合言葉でオマケのドードーステッカーも貰えた。後ろにものすごい行列が出来ていた。ここが一番長かった。列捌きなど見ていて都民はこういうスキル高いんだなと思うのであった。何せ接客レベルが全国的に見て低いとこに住んでるので他県に行くと接客やサービスがよくて驚くことがよくある。
20140816174448aff.jpg

 次にmeminiさんのところ。ここはアンモナイトーメジャーが評判で一時間で完売したらしい。私が行ったときには二つくらいあったように思う。買うつもりはなかったがせめて見ておけばよかった。
 ネックレスは一つ、イヤーフックはいくつかまだあった。飛行士が耳の上に立つのとぶら下がるのがあったのだが帽子にかかるのでぶら下がるバージョンにした。合計にして諭吉が四人近くになるのだが、両方とも買うというと少し意外そうだった。ネックレスはちなみに椅子の金具のついてる場所が左右対称の位置じゃないのね。そのまま着用して会場をトロール再開。
20140817163357607.jpg
20140816180004fff.jpg

 マンボウなんでも博物館で無事に「マンボウの都市伝説―噂の根源と真偽―」をゲット。初日の午前には完売したそうだ。16p、ザラ紙の片面二つ折りというもっとも簡素な作りながら内容は非常に濃い。アプリにもなったマンボウの死にネタを古い文献や論文、テレビの演出やネットの噂の広がり方まで網羅。著者は単なる好事家ではなく専門職と思しき記述があり、自伝も買っておけばよかったと後悔。ちなみに難解な言葉を多用するなどの読みづらさはないし、元ツイート主への炎上が起こらないように配慮されている。
 この本は文系の旦那にも非常に好評で、このザラ紙山折りという体裁や、「ネタにマジレスするスタイルというネタ」という回りくどさ、十年以上前に行っていたコミケのノリや、ニコニコ動画で言うならβノリを感じさせるのがいいらしい。「俺の求めてる同人誌ってこういうのなんだよ。こういう人がまだ生き残ってるんだなあ」と絶賛で、私の戦利品の中ではMVPだそうだ。
20140817152506c6b.jpg

 系統樹マンダラの原画を見せて頂いた。原画を手にしてるのはイラストを描いた小田隆さんご本人のはずだからSTUDIO D' ARTE CORVOさんのブースだと感違いしてたが実際には科学バーさんだった。系統樹マンダラを見せながら見た感じ似たような生物は近い種族だと思われていたが、DNAを調べると全然違う種属だったり意外なものが近縁だと分かったりしてきたというお話。自分の興味の生物進化史事案だったので「ドードーや蛇みたいに骨が退化してなくなるのに何万年くらいかかりますか」などと聞いたように思う。そこはよく分からないと言われて代わりに新図説 動物の起源と進化―書きかえられた系統樹を勧められたので系統樹マンダラ(折りたたみ式、貼れるポスターもあり)とともにお買い上げである。薄い本じゃなくて厚い本を買ってしまった。
20140817154447a0b.jpg

 STUDIO D' ARTE CORVOさんはすでにTシャツのLサイズ売切だった。

 淡水微生物図鑑で淡水微生物への愛を深く語られる。私が来る前にはポスカなどあったようだ。使わないけどブックペーパー買っておけばよかった。豆本だと思っていたものは豆ノート(ストラップ付き)だった。本文は水草と魚のペーバー。表紙はわざと古い感じにしたとか、留め具は全部違うんですよとトレぺの包みを取って見せてくれた。ネックレスに仕立てるのも素敵ですね、とかなり熱く語られてた。でもノートで2500円かぁと思い取り敢えず図鑑だけ購入。これは淡水微生物を美少女化したものでタイヨウチュウがかわいい。後に戻ったときはご本人はいなかったが豆ノートの方も買ってしまった。こういうそこまで興味があるわけでもない水草グッズや淡水微生物の薄い本を買う日が来るなんて誰が予想しただろうか。
20140817162017503.jpg

 柳々屋さんでお取置きしてもらっていたスイッチプレートを買った。おゼゼがあればがま口も欲しかっ(略)。ガラスの花瓶とか高いけどカエルがひっついててすごかった。
20140817163152d7c.jpg

 自販機だとタカをくくっていたネイチャーテクニカラーのガチャガチャは南極が売り切れていたのでとりあえず生物学者のプレパラートシールを買った。
スポンサーサイト

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。