11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ乗馬体験。

前日にホームページ見まくって馬の仕草の意味を調べたり。会員になったときの料金計算なぞして絶望的な気持ちになる。
昼前には終わるだろうからランチ場所も探す。マツコがとろふわデミグラスじゃないケチャップのオムライスの話をしていたのでその手のオムライスの店を探す。検索結果に馬肉料理の店が表示されて微妙な気持ちになる。馬刺しは好きです。

ちょっと行き過ぎて5分遅れて到着。動物の臭いがするけれど、すぐ慣れるし動物園ほどくさくはない。
アンケートや保険の申し込みを済ませて、練習の流れなどを聞く。
前の組が終わるのを待つために馬に関する雑談なぞした。出入口に馬が九頭走っていく水墨画があって「どういう意味がわかります?」と突然のクイズ。
こういうものはダジャレと相場が決まってる。「馬が九頭馬が九頭…」とぶつぶつ言っても思いつかない。縁起物なのでさすがにキューバではない。
ちなみに答えは「馬が九頭走っているので『うまくいく』」。年賀状はこのネタで行こう。
ちなみに小学生の時に修学旅行でバスガイドさんがナゾナゾ出したりするじゃないですか。あれをほとんど一人で答えて回答禁止になったことがあります。

職員は想像に反して女性がほとんどだった。どの人も挨拶をよくするのが感じが良い。男性は若いのが1人と、責任者らしきおじさんが一人。この人が私について、旦那には若い女性がついた。
繋がれた馬にビビりながら触ってみる。(馬は人の気持ちを読むので本当は恐る恐る触るのはよくない)。間近に見ると本当にでかい。そう言えばブリュージュでも少し離れたところから見たきりだ。
体重は500kgくらいだそうで、成人男性なら7人分、女性なら10人足らずくらいか。
おじさんから「馬の毛って硬そうだと思われがちですけど実は柔らかいです」と説明があった。やっぱ動物の毛はたいがい触り心地いいな。意外ときれいです。そういえば馬の皮を使った商品って見たことないな。
馬の親指が退化して肘の内側あたりに移動したことや、脚に水をかけ流している馬のことを「走って熱くなりすぎた脚を冷やすため」と教えてくれた。
説明してる間におじさんに馬が顔を寄せていたので多分甘えてるんだと思う。
前の組が終わって自分たちの番が来た。
「じゃ、乗ってください」
いきなりか。
踏台から短足を伸ばしてどこやらに体重をかけてなんとか乗った。視線が高くなるので視界が広がる。手綱の持ち方や姿勢、脚を閉じて内股気味に力を入れるなどの説明。
地面は砂だった。ドーナツ状に仕切りが設置されてぐるぐる回るだけということだ。
ちなみに二頭の馬は初心専用らしい。私が乗ったのは「ゴールドオレンジ」という名前なんだが、色は茶色ではない。部分的に黒っぽいグレーの白っぽい馬でどっから名前をつけたのか気になる。親の名前から取るのか、馬主の趣味なのか。レース用の馬じゃないから馬主がいるのかも分からない
腹を蹴るとゆっくりと歩き出した。意外と力を入れて蹴らないといけないようだ。お腹なのに大丈夫なのかと思ったら、体がでかい分刺激も強めでないと「気のせいかなあ。休みたいし」と思って反応しないことがあるらしい。
で、思ったより前後左右に傾く。手綱を引けば止まる。指示に従えば首筋をポンポン強めに叩いて褒める。歩く、止まるを何度か繰り返すんだが、「背筋を伸ばして」と言われてシャキッと伸ばすと、腹を蹴る前に勝手に歩き出すこと二回。馬ですら空気を読むのな……
急に止まったのでおや?と思ったら「おしっこがしたくなったみたいですね」と女性の方が声をかけて、その通りになった。身体がでかい分大量……
ぐるぐると回りながら、肩に力が入ってるからと腕や肩を回したり。軽く早足で走り出すともうあかん。鞍から腰が浮き上がってばいんばいん尻がぶつかる。隣の広い場所の方の搭乗者は馬の動きに合わせて半立ち、座るを繰り返していたがあれができんと人馬一体にならんのやなあ。けっこうわあわあ言ってました。で、怖くて前かがみになってしまうと前の方に投げ出される恐れがあるので姿勢を正すように言われる。
「馬は慣れましたか」
「まだ怖いです。犬も好きなんですけど怖くてさわれません」
左右に曲がる練習。手綱を引けばそっちを向くので簡単。
降りる時は鞍にしがみついて、するっと降りる感じでこっちの方が怖い。ちなみに騎手は踏台なしで握力だけで鞍に乗るそうです。

ブーツやボディプロテクターとヘルメットを脱いで荷物を取り、二回のテーブルで待つとおじさんがお茶を出してくれて契約の話になった。
企画で草原や砂浜、果ては外国での乗馬もできるらしい。
誘ったのは私だが旦那の方が随分気に入ってしまったようでノリノリで話を聞いていた。料金の説明も入会金の話をよく聞いていなかったようだ。月々の会費も痛いが高額な入会金がまず無理。体験乗馬をした方は入会金が半額とのことだがそれを見越しての料金設定だろう。
入会金、月々の会員費+一回45分のレッスン料。月に二回の通っても一万六千円くらい。道具や保険にかかる費用は説明がなくて分からない。
取り敢えずその場は旦那に目配せして話を切り上げさせた。

旦那に後で料金をよく説明しておいたらがっかりしてた。

オムライスの店は満員で空き待ちだった。事前の情報通り。値段も手頃でメニューもセットメニューもやたらと種類が多くて目移りする。最終的にレディースセットというベタなものにした。
「メニューには書いてませんがレディースセットにはデザートの盛り合わせがつきます」
今だけなのかそういうものなのか。個人店なので適当だ。
コンクリームスープは普通。野菜サラダのドレッシングは手作りな気がする。唐揚げはカリカリ。チーズの梅しそ巻、グラタンの盛合せ。メインの牛スジデミグラスソースオムライスは中身は普通のケチャップライスだ。
美味しいので、場所は便利が悪いがここはまた来たい。

ついでにリサイクルショップに行ってフィギュアやソフトを見て回った。出口にもちもちドーナツを買った。
もうね。眠気が限界。旦那も寝そうになってる。
帰りにスーパーで弁当用の惣菜と晩御飯、おやつとジュースを買った。紅茶花伝の限定品好き。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 心と身体

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。