09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

121020

 朝は四時半に起きて化粧して高速バスで福岡へ。電車とバスをのりついで国立博物館前で降りたらどこに行けばいいのかまったくわからなかった。とりあえず看板を見て太宰府に着いた。バス停自体は国立博物館と太宰府は別の停留所なのだが実際は同じ敷地内だったという落ち。

 お参りしておみくじ引いて目当てのベルリン展と所蔵品展を見た。目玉はフェルメールの真珠の首飾りの少女だが見に行くまで青いターバンの少女と勘違いしていた。それ真珠の耳飾りですから。

 太宰府は食事どころがうどんとそばとか普通のものばっかりだったが麺類が名物なんだろうか? ゆずこしょう入りの茶そばと名物梅ヶ枝餅を食べた。

 時間がなかったので急ぎ足でみやげ屋を見た。ガラスのお店があったので前々から買おうと思っていたガラス製の爪ヤスリが置いてあったので紫のスワロフスキーつきのものを購入。八女抹茶アイスを食べた。なにやら前衛的な建築のスタバがあった。そういえば地元にドトールはあるがスタバはない。別にコーヒー好きじゃないけど。さいふの猫屋という店があったので入ってみたら猫グッズの店であって財布の店ではなかった。

 そして太宰府の目の前に西鉄の駅があることにやっと気づいた。乗り継ぎに30分以上かかったのに。

 天神まで戻って地下街を適当に歩いたら天神南まで行ってしまったのでまた戻った。
 博多に着いてPLAZAや東急ハンズを見て回った。手帳のための4色ボールペンを購入し、モレスキンコーナーがあったので一番小さいサイズのウィークリータイプのダイアリー
ブルーを買った。会社用に、パンプスと言い張れなくもないようなカジュアルな靴を買った。黒にするかブロンズにするか迷ったけどブロンズにした。

 高速バスに乗って自宅に近いバス停で降りるとタクシー会社の目の前だったので乗ってファミレスへ。食事をとって明日の朝のパンを買った。

 自宅に帰るとなんと旦那が鍵をなくしていた。鞄をひっくり返してもなかったのでお隣さんに大家さんの電話番号を教えてもらい、大家さんに来てもらった。夜分にすみません、と謝って鍵を開けてもらうが開かない。大家さんは昔の鍵しか持っていなかったのだ。

 二人で実家に行き母に車に乗せてもらって不動産屋の自宅に行くが留守。母もパニクっていてキレていたので久しぶりに親子らしい会話をした。

 その日はお互い実家に帰った。父親が飲み屋から一時頃帰宅して「早いね」と言ったら「お前がいるって聞いたから」と言われた。とりとめもない話や旦那が働けないことを話した。いつもは用事が済んだらさっさと帰るような私が珍しく長話した。お母さんじゃなくて直接私に相談しろよと言われた。

 父にデパスをもらい、それでも眠れなかったので再度ハルシオンをもらって寝付いた。

 翌朝気づいたが私の鞄の中に鍵があった。持っていないと思いこんでいただけで仕事用鞄からお出かけ用かばんに中身を移すときに鍵も入れていたようだ。大山鳴動してなんとやらである。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : ヘルス・ダイエット

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。