10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の取扱説明書

 旦那が介護の勉強を始めたのですが、授業で精神疾患や障害のことも学ぶわけです。最初は私の言動が痴呆老人と同じと言ってました。鬱よりも甲状腺異常ではないかとか色々と悩みすぎて胃炎を起こしています。旦那もそんなにタフでは無いので「これは一人では抱えきれない、きちんと医者に相談しなさい」ということになりまして。

 メンサロには行ってるけど仕事の具合をちょこちょこ話して「まあまあっすねー」とかでいつもと同じ薬もらって、という感じになってました。薬をもらう場所じゃない、治療をしてもらう場所なんだ旦那に諭された。
 私がうまく話が出来ないので旦那が私の言動を見て気付いたことをメモして先生に渡しておいてくれた。子供のころのことを聞かれて、読書が好きだった、得意なのは絵だった、友達はいなくて、今でも周りから面白がられて受けられるか変人と思われて疎外されるかどちらかだとか、成績はままあまあ良かったとか。異様に忘れっぽい、思い込みが激しい、あり得ないミスをするなどなど。久方ぶりに実りのある会話をした。というか二年間何してた。
 イラストの表情が読み取れるかというテストでは、三人のうち一人が解らず一人は不正解。絵は好きだしアニメとかも見てるからまさか表情が読み取れないとは思わなかった。いや空気とか人の感情は読めないけどさ。
 もろにアスペな結果が出て「発達障害ですかねー」ということになりました。今までも自己判断でADHDの本を読んだりはしてたんだがズレていたらしい。

 処方は、ゾロフトが減って、アメリカでは自閉症に処方されるというエビリファイを新しくもらいました。ちなみに日本では統合失調に処方されるそうです。障害・特性なので治すもんではないけど飲むと落ち着きが出るらしい。正体が見えてきたのでかなり精神的に落ち着きました。

 先生が診察後に本を渡して「受付にも本があるから気に入ったのがあれば言ってください」と言った。ちょうど選集旦那が本を借りてきたし、先生も値段とか言わなかったからてっきり貸してくれるのかと思って、受付にこの本を貸してくださいって言ってそのまま持って帰ろうとして呼び止められてしまった。
「売り物なのですが、買われますか? それとも読んで帰られますか?」
 やっぱり売り物なのかよ先に言ってくれよ……
 もう一度受付に戻ってお買い上げ。知的障害者向けのビジネスマナー本と大人のアスペルガー症候群。もう読んだら自分の言動がそのまま書いてあるのな。なんとなく自覚があったり周りや旦那から指摘があったことが書いてある。自分の考えと他人からどう見えているのかが書いてあって、「おお、周りからはこう思われているのか」と思ったわけで。
 自分の特性が分かればまあ対策の立てようもあるわけで、メモぐらいは取ってるけどメモを取ってること自体を忘れてしまうので「メモを見直す時間を設けて習慣づけましょう」だと。

 自尊心が持てず、どうして自分は他の人が出来ることが出来ないダメ人間なのかと悩んでましたが希望が持てそうになってきました。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。