08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腰ににつけたきりたんぽ

 秋田のなまはげを退治した人の国に行って参りました。

 夢二見てはがきと画集を買いティータイム。何故か分からないが、ここの地域では、紅茶の選択肢はアールグレイとダージリンのみのようだ。
 それから突発的にターシャ展に行きました。
NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉
(2006/04/21)
食野 雅子

商品詳細を見る

 究極のスローライフを送ったおばあちゃん。いいよねこんな鼻に生まれた生活……などと見入りましたが一番肝心な前提を忘れています。彼女は絵本作家なのですがベストセラーになった印税でド田舎とはいえ広大な土地を買って一人暮らしを始めたのです。とはいえすべてを自作で過ごす彼女はやはりえらいなぁと。そして彼女のことをずっとイギリス人だと思ってましたがアメリカ人でした。

 前回のバスツアー状態を反省して、今回は観光地区の近くに宿を取りました。一日目の夕方と二日目の昼まで同じ地区をピンポイントで回ることに。
 相変わらず道を間違えたが、「道のほとんどが一方通行」という恐ろしい道路事情。普通二車線あったらもう一つは反対車線のはずなのに、違うんです。同方向に二車線。道を間違えてもUターン禁止の罠です。そしてぐるぐる回る間にまた方向が分からなくなったりするのだ。

 街全体としては安い・古い・きれい。なんとなくですが自分の趣味で店をやってもなんとか喰えそうな気がします。あと何故かやたらトルコ雑貨の店が多い。
 街全体が古民家と白壁。民家も古いままだしお店も企業も白壁や昔の建築様式を堅く守っている。それがとても自然な感じで、いかにも観光産業として売り出しているぞ、というやらせ感がない。県が文化に税金をかけているらしく図書館やホールの総合施設も大きいし、やたら美術館が多い。

 駆け足で見て行きとりあえずジーンズ。世界の名の知れたハイブランドのジーンズがここで作られています。理由はカンタンで元々、丈夫な帆布と藍染めの産地だから。帆布はそのままバッグに仕立てられるほど分厚くて丈夫なものもあるぐらいです。どんなミシンで縫えるんだ。
 藍染めは「世界で一番濃い」ので値段は高めですが、五年後の色落ち具合が他のものとは違うらしい。「ジーンズは数年掛けて育てるもの」だそうな。最近は知名度が上がって工場も忙しいそうです。もう裾揚げも特殊裁断だから工場に一度送り返すレベル。
 他の名産は特に知らなかったのですが、地酒が色々あって美しい手作りガラス瓶に入っています。酒飲まないから瓶だけ欲しいものがいっぱい。ガラス細工も非常に多く、青みがかった深い緑はここの土地にしか存在しない色でした。高くて買ってません。
 酒造りで使われる酒袋も当然あるわけで柿渋グッズも色々。ですがこちらはオバンゲリオンになるので省略。にしてもおばはん向けの洋服屋多いな。
 やはりあまり時間があるわけではないのでぱっと見で店に入るかどうかを判別する能力が備わってきた気がします。とりあえずちりめん細工はアウト。照明が明るい蛍光灯の店も、いわゆるフツーの箱菓子土産物、どこでも手に入る大量生産品しか置いてないのでパスという基準ができました。

 そしてクリスマスグッズ専門店? 意味ねーなと小馬鹿にしていた店に最も心引かれてしまったのです。ハロウィングッズが大量に、そしてかわいい。輸入物でバリエーションも色々。おなじみのカボチャもこちらでは見かけない縦長っぽいのやら、踏むと悲鳴を上げるマットを何度も踏んでビビったり。ここで見かけた薔薇の照明に惚れて結局次の日に買いました。高いよ……高いけど後悔はしていない。クリスマスのああう長いコードにLEDがついた照明なんだけど、その一個一個の明かりが半透明の薔薇になってて、点けるとロマンティックが止まらない。

 何故かトルコ雑貨店に行ったら彼氏が存外にハマって、やたらと話が盛り上がってました。なんだ中近東かとあまり興味がなかったのですが、入れてくれたチャイがおいしかったし、食器の色もキレイだし、天井から下がっている照明が「さすがイスラム圏」と感心するできばえ。失敗作のガラスの破片をキレイに美しいモザイク模様にして照明に仕立て直してるんですね。(イスラムは偶像崇拝が禁止されたため人物画は下手だがモザイクの美しいテキスタイルやパターンに定評がある)

 ここでトルコ料理の店を紹介されたので夜はそこに決定。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。