09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KKTV小林賢太郎TV

 Potsunenは人名だったのかと。それと時間を嘘予告して申し訳ないです。四時にテレビの前でスタンバってしまいましたが思い切り五時からでした。コバケン、本公演で見たとおりにげっそり頬がこけてました。

 番組構成はPotsunen氏の一日というストーリーで、合間合間にインタビューと実際にコントができるまでのドキュメンタリーが入ります。Potsunenシリーズのネタの再構成だけかと思ってたらネタかぶりがほとんどありませんでした。DVDと同じなのはノマキューブ、ハンドマイム、パドルのみ(ショートにぶったぎり)です。ハンドマイムは更に動きがなめらかになったような気がしました。

 というわけで以下は内容の感想なので未見の方はネタバレ注意警報

Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2008 『DROP』 [DVD]Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2008 『DROP』 [DVD]
(2009/08/19)
小林賢太郎

商品詳細を見る

 OPのCGアニメーションが相変わらず素敵です。
 冒頭はDropの映像がちらりと入りました。
 全体的に違和感を感じるのは中途半端に舞台っぽいからでしょう。舞台風のセットでお芝居をして、昔のドリフみたく舞台が回転して場面転換。回転しないセットでは極端にものが少なくて入り口と壁だけだったり。しかしテレビ番組なのでスタッフ笑いは聞こえてくるし、途中で違う映像が挿入されるし。本公演ライブでもカメラワークは当然あるし
THE JAPANESE TRADITION ~日本の形~ [DVD]とか映像作品もあるんだけどなぁ。

 とりあえず一発目のネタがラジオ体操の自由な解釈。編集されたのが残念。
 アナグラムのある風景は冷蔵庫を開けると麗子像があるという展開。画面の一部にアナグラムの文字カードを並べ替える映像が早回しで入ります。確かに小林賢太郎のあの動作ってゆっくりすぎて見てるとちょっとだるいんだけど、速度あげたり編集したりすると何かが違うのよね。
 ミックスジュースに関しては「リスモのことかー!」とつっこみました。途中から舞台上のモノじゃなくてアナグラムの穴通りにコバケンの絵が来るんだけど、またおうどんが出てきます。ようやく気がついたが、この鼻兎似のおうどんの目は、やはりコバケンの目に似ている。

 意外だったのは、コント作りはてっきり脚本から書き始めのかと思いきや、まずはイラストにするんだそうです。しかも筆ペンでさらさらと描いてる。ドラゴンやら舞台セットの図案、トランプのカード顔など色んなタッチの絵がありました。アトリエは見た目広くて、大きな作業デスクにカッターマット、電動のこぎりなどがあり、ほぼ工作室です。石油ストーブまで学校にあった旧式のタイプでした。
 小道具も自作だそうです。色々な方面から発想してるんだなぁと感心。

 クロマキーという昔からある合成技術を気に入ったようで、自分のパントマイムを撮影して後から色々な映像を合成してボケが完成するという、逆ハンドマイム的な作品ができあがりました。
 冒頭からずっと機関車の話をしてますけどこれは小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」 [DVD]つながりですかね。

 それにしても仁さんみたいに嫁や子ども(いるのか?)の話を全然話が出てこない。そういう家庭を仕事に持ち込まないところはファン的には潔いが、嫁さん的にどうなんだろうか気になってしまう。なんか仕事第一そうだもんなぁ。

 ポツネン氏による腑に落ちない展。
 ハンコ撲滅キャンペーンのハンコが気に入りました。制作頼まれたハンコ屋の反応のが気になるところです。よくあるフレーズ、「遺伝子組み換えは使用しておりません」「カロリーオフ」「これ一本で一日分の食物繊維」「植物生まれの。」が書かれた毒薬類は個人でも何か作れそうです。
 ろうそくに火をつけるとすぐ消えるシリーズり図で、最後に本当に造ったものが出てきてピタゴラスイッチ的でした。NHKじゃないとできないよな。どうせならサラリーマンNEOに出て欲しい。サラリーマンじゃないけど。

 クランクアップかと思いきやもう一本「テレビ」というお題を与えられる小林賢太郎。条件は三つ、3分間、ノーカット編集なし、カメラは固定。見事それをクリアしてなおかつ裏をかいた「編集があるかのように、カメラワークがあるかのように見える」作品を作り上げました。もう、ひねくれた上に頭良すぎ。天才と見える努力家タイプですね。努力できること自体が才能ですから。

 できたぁ~とくずおれるコバケンがカワユス。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。