10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自称ハワイに行って来ましたw

 昼前になってから「きれいな海を見に行こう」と海を越えた離島に行って来ました。片道2時間かかるので私は途中からお昼寝。
 途中で雑貨も置いてるアジアンカフェでお食事。アジア系というと安っぽいのがごちゃごちゃ置いてあってB級感満載だったり、店主が俺イズムを醸し出したり、何かに目覚め気味だったりするので期待してなかったんですが普通に素敵なお店でした。普通にソファで居心地いいし。余白の多さで店の格が決まるよなぁ。チープなものは置いて無かった。用途多彩すぎるパレオやベトナムのシルクバッグは値段の割に結婚式に持って行っても大丈夫な質感。

 生春巻きとナシゴレンとかそれ的なものを食し、ハーブティで一息。ヨガ用のパンツが値段相応だなあ、と思ったらものすごく麺の肌触りがいい。しかし色んなポーズができるストレッチウェアなのでポケットもベルトループもないので衝動買い回避。まあこういうアジアンなのって趣味ではないんだが、初めてアジアンモダンじゃないけどチープ感がない店もあるもんです。いやぁ狭い県内探せば色々あるもんだ。

 渋滞しながら橋を渡りエメラルドブルーの海へ。雑誌でスウィーツの店を探して行ったわけですが行けども行けどもたどり着かない。地図上では海沿いに島の四分の一くらい行けばたどり着けそうな感じだったんだけど……おっとここで島ならではの距離感の長さが発動しましたよ。これだから田舎は! 海すごいキレイ! あ、赤潮。ちょっと砂浜があれば勝手に人が泳いでます。どこでシャワー浴びるんだ。地元民か。
 やーっとたどり着いた店は小さくて駐車場も道路も埋まってる。お客さんよくこんなところまで来たなあってぐらい次々ご婦人方が入ってきてレジやテーブルの片づけが追いついていない。クレープwithアイスとオリジナルジャムを食べて、ゆるゆるカフェの手作り雑貨を見て蜂蜜買いました。ジャムの元になる柑橘類やベリー類や桃を育てていると当然受粉する蜂がいるので蜂蜜も売ってるのだ。スーパー売っているものと違ってちゃんと味がする。今日の買い物はこれだけなんだからねっ。思い出はプライスレス。
 目的地のビーチはここからがまた遠かった。この距離感とりとり級。にしても孤島がたくさんあるけど誰か住んでるのかなあ。絶壁ばっかりで船着き場がなさそうだ。視界は鮮やかな緑と太陽の光、海の蒼。人柄がのんびりするはずである。ここでぼんやりしてたら気づいたときには二年ぐらい経ってそうだねと言って二人で笑った。

 島の一番奥に行くと海の透明度はMAX。海の底の砂がよく見える。温泉もあるし、海の家やキャンプ施設や食堂がきれいで、これはちょっとしたリゾート地ですぞ。あぁ水着持ってくれば良かった。風景が日本の海じゃないよ。湿気少ないし。家族連れが一杯だよ。シュノーケルで軽くダイビングして何か採っているし。
 ホテルやコテージではない建物があってなんだろうと思ったら、彼氏曰く、金のある東京人がここに別荘を買うそうだ。

 途中で寄った道の駅の裏に海の家のような店があって海産物を売っている。ああ潮風の香り。生きたタコが生け簀ですやすやと寝ている。一尾ごとに赤い網に入れられて、発泡スチロールに値段が書かれてヒモで網に結わえ付けてある。小さいのは千円で大きいのは四千五百円だった。
 食品の会社に勤めている私だがカキは冬だけだと思っていた。夏は岩ガキってのが食べられるのね。岩ガキってすごく大きい。殻が普通に手を広げたより大きい。見た目ちょっとした岩の固まりっぽい。生食できるのに一個300円(殻開け代100円は別)。怖いけど生牡蠣チャレンジです。確か岩ガキって殻はでかいけど中身がちょびっとしかなかっいやつのことだよなぁ~と思ってたら普通に中身もそこそこ大きかった。お総菜コーナーの牡蠣フライで売ってるサイズじゃないよなあこれ。
 味ぽんをかけただけの生牡蠣をおそるおそるつついて匂いをかいで、箸で端っこのヒモの方から剥がして口を付けた。口に含んだ瞬間生臭くない磯の香りが広がる。旨い。一気に残りをすすって、かみ切れないので一口で食べた。じゅわ~と中から汁が。おお、これが海のミルクですか兄さん。兄貴はいません。
 侮れないなぁ、海産物豊かすぎ。カブトムシも350円で普通に売ってるし、これ都会っ子は高く買うんだろな。カキのうまさでテンションあがったのか彼氏が試食用の乾燥ワカメをぶちまけました。店の人をすぐ見つけたので「すいません、落としてしまって」と謝った。

 にしてもあんな島の奥まで行っても納品先にたどり着けなかった。どんだけ遠いんだ小太りの営業エリアは。
 帰りは全国のお取り寄せランキングに入ったラーメン屋で晩ご飯。メニューがラーメン、餃子むすびといなりしかない潔さ。チャーハンすらない。なんかインパクトのあるものを想定していたがものすごく普通でした。背脂も控えめだし、トッピングも、もやしネギチャーシューと超王道。尾道、北海道でも博多でもない。あえて言うなら塩分が少ない。
 山の中の道なのでトラックの運転手がよく来るらしい。昼巻き満員で座れないそうだ。

 と楽しく過ごしたのに何となく不安なのは何故かしら。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。