08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとり県に若干住みたい。



鳥を捕る砂丘はパス。
地図で見るよりも存外に各観光スポットが離れていてバスツアー状態でした。ほとんど移動時間で観光自体は長くできないけど私は助手席でほとんど寝てましたので。
心配していた雨はほとんど降りませんでした。

高原でジンギスカン食べた。高原がやたら広くて視界内すべて高原。視界が広い。ラム肉食べ放題。乗馬できるところもあったが時間と予算の関係で割愛。牛乳が感動的に旨い。生クリームみたいな味がする。ごはんとかベーシックなものがおいしいと幸せだ。
ジャージー牛乳を使用した小さなチョコレート店兼工場があり、試食が色々できた。梨はもちろんバター生クリーム、メロン、ブルーベリー、キャラメル、わさびと多種類。生チョコ買いたかったが夏なので諦めた。

植物のテーマパークが広い。普通に山の中。どんだけ土地が余っているのかと。我が県のお花のテーマパークの何倍の規模なの?
そしてメインキャラが銀河テレビのキャラみたいなやつでいい感じにゆるい。駆け足でイングリッシュガーデンやバラ園、日本庭園風なところを見て、動物ふれあいコーナーにてウサギを触る。山羊やら羊が係員のお姉さんになついてて、見ていると癒されます。不思議な口笛を吹くとモルモットや黒豚が一斉に寄ってくる。売店で素敵な鉢カバーがあってフランスのアンティーク風のが意外に安かったけど置く場所がないので我慢。

それから中国庭園。移動時間二時間。ついた時間が遅くて、庭の外の土産屋は閉めようとしているところを無理に滑り込んだ。
中はなんか「中国映画で見たよなこういうの」って感じで見事でした。ほとんどの門には美しく鮮やかな装飾や絵が施されていますが、豚の血を混ぜた塗料だそうで剥げにくいそうです。鬼瓦のもっと凝ったような黄色い代わりで屋根が覆われており、龍とか色んな縁起物が乗ってたり彫り込んであったり。
池の上に滝があって荒々しい岩が高く積み上げられている。日本庭園ならもっと角の取れた岩を組むよな。地層がギザギザです。
あと橋がやたら真ん中が盛り上がってた。どうして中国人はこんもり高くしようとするのだ。
何の思い入れもない孔子孟子(あと忘れた)の石像を見た。
土産物屋ができのいいわりに安価だったが使わないようなモノしかなくてストラップだけ買った。西太后の爪飾りとか。

人口密度が薄いそうで、とにかく人と出会いません。車もあまり走って無くて混雑しない。田舎といえばギャルだのヤン車、ヤクザ車、プリウスなどの高級車が走りまくってるんですが、鳥取はみんな型が古い。車屋自体がない。みんなゆっくり走るしマナーがいい。車がないと生活できないのに、無駄に金をつぎ込まないのがいいね。
国道を走ってるせいもあるが本当に人がいない。田圃はあるのに民家がない。田圃があれば近くに農家の家が集落になってるはずなんだが。

温泉街自体も小さく歓楽街らしくない。飲み屋があんまりない。ホテル何軒かあるのに。コンビニもない。
大人になってから始めて旅館というものに泊まりました。従業員は顔を見れば大きな声で挨拶。部屋に入っても担当の仲居さんがちょいちょい話しかけてこうしましょうか、あちらはいかがですかとコミュニケーションを取る。
そして初めての「お部屋でお食事」。おおグルメ番組のようだ。刺身も牛しゃぶもカニもウマー。鳥取牛脂の差しがものすごい霜降りで美味でした。ごまだれもオリジナルらしく食べたことのない味。
皿がたくさん出てきてさすがに腹一杯。炊き込みご飯のおコゲウマー。の後に何故か白飯。香の物がおいしいのでがんばって喰う。柴漬けと高菜買って帰りたい…なかったけど。

同じ階には一家族がいるのみ。何故か予約した部屋よりワンランク広いところにしてくれた。ロビーに行っても温泉に行っても人があんまりいない。健康パークみたいにもっと人ががやがやしてるのかと思ったのに。そして露天風呂すら熱すぎる。もっと日本の温泉はぬるま湯にして欲しい。
風呂あがったらまだ団体さんがカラオケしてた。早めに寝ようとするが彼氏と話が盛り上がる。「いい加減寝ようよ」と五回は言ったね。気分は修学旅行だ。彼氏が夜中に突然起きて「頭が痛い」と頭痛薬を飲んでまた寝た。
五時から起きて水分補給してから朝から温泉。うーんさすがに人がいない。ぼんやり化粧して旅支度整えて朝ご飯へ。
朝はシンプルに焼き魚とのりと温泉卵ぐらいかしらと思ったら結構色々あった。みそ汁は鍋にはいってて、固形燃料で温めるし。雑穀粥と白ご飯……って鳥取はダブルごはんがスタンダードなのか?
割と豪華な朝ご飯でやはり漬け物がおいしかった。シジミの佃煮がおいしいので売店で買って帰った。
泊まるときは車が着く前から駐車場にスタンバイして待ってたし帰りも担当の仲居さんがお見送り。うーん旅館ですな。古くさいけどそこがいいのよ。
スポンサーサイト

Secret

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。