08
1
3
5
7
9
12
18
20
21
22
25
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんどん居心地のいい部屋になるだろわいよ

 彼氏に部屋がいい感じにおされになったとほめられた。すのこ机に月とウサギの手ぬぐい敷いてるしね。押入にサーキュレイター入れて空気回転させてます。
 本読んで寝なきゃ。




 グレゴリオ聖歌はいいなあ…っって思ってたらどうしたうp主!
スポンサーサイト

すてき「絵」本

スーラ 光の詩人―イメージの森のなかへスーラ 光の詩人―イメージの森のなかへ
(2009/06)
利倉 隆

商品詳細を見る

 スーラと言えばこの絵。点描という技法を生み出した人です。そう、縮小すると意味のない、むしろ印刷屋泣かせな(気がする)あの点々です。なんと高さ二メートルもある巨大なキャンバス全体、色々なイロを計算し尽くして精密にして緻密に点々と絵の具を載せて描き上げるという気の遠くなるような画風です。ダリやゴッホ、ムンクのようにド派手、いかにもエキセントリックな人生でもなく、明らかな精神異常とも画風とも縁遠い人です。作風通り自己主張はしない派で、自画像すらなく、言葉もほとんど残さず31歳のときに過労で夭逝しました。そりゃああれだけ点々すれば過労にもなるだろよ。
 ケレンも好きだし激動の人生も嫌いじゃないが、こういう静かに根詰めて地味に見えるけれど、一見普通に見えていても近くで見ると異常が通常になってそうで、でも怖くはない感じで一周回ってエキセントリックを通り過ぎてもう地球に戻れない感じですな。

 にしてももうちょっと安くならないかな。説明は丁寧で、初心者にも優しい言葉で、スーラの光彩設計や構図の巧みさ、習作との比較、など切り口はたくさんあるけれど収録作品は少なくて割だかな絵本。ただあんまり分厚いとと手をつけにくいので、ある程度漢字が読める子どもにお勧めですね。


 今日は初めて外連の意味を求めて辞書を引きました。思っていたのとちょっと違った。小林賢太郎もよく辞書引いてるよな。彼の使っている辞書が気になる。

フルにエンジョイ

 選挙行って図書館行ってまた図書館カードの再発行手続きしてからお出かけ。
 彼氏が鱧を食べたことがないのでランチにハモしゃぶ食べました。メニューに書いてある通りに待たされたハモ(生)は少なかったがだし汁でしゃぶしゃぶすると、きれいにカールしてふくれ上がる。ティッシュ使用前と完成後のコサージュ並に。
 確かにハモ自体そんなに常食するものでもないし、何年も口にしていない。
 肌によいコラーゲンを含み食感もコリコリしている。刺身も質が良く謎のデザートも味も食感も謎だがなんとなくよかった。曖昧me。

 雑貨屋を巡りましたが地図は遇ってるのに店が小さすぎて見つけにくかった。chocoholic自体は他も取扱店があるので珍しくはないけど、店主のセレクトやところどころにあるほんまもんのアンティーク、いい感じのBGMに和んでしまってお気に入りに認定。勢いで結婚式に着ていくようなワンピを半額で買いました。濃い紫でグレイッシュトーンだから秋口にも着られそうなんだが、ノースリだし薄っぺらいから寒いしで諦めかけたが彼氏が野口先生二人ほどカンパしてくれたので買いました。今までにない大人っぽい感じなので着て欲しいからだって。
 嗚呼またマトリョーシュカが見てる……

 白い鯛焼きとアイスクリームのようなかき氷(名前忘れたけど台湾スイーツです)食べて電器屋で新しいFMトランスミッタを買いました。コクヨかつグッドデザイン、ノイズ低減に難題だった自動的に最適な周波数を探すオートスキャン機能つきです。あと時期的に終わりなサーキュレイターの安くて小さいやつ。キーボードカバーはもはや全ラップ(特定の機種とかじゃなくて全体的に包むフリーサイズなやつ)しか選択肢なし。
 やはり予定リスト以外の商品を物色しないということはできず、ONKYOのコンポが気になった。……今は好きなだけ大音量を出しているがこれは四方が空き家だの道路のお向かいさんの庭が広くて距離的に遠いとかご近所づきあいが実質ゼロに近いという環境だからできることであって、おそらくアパートに住むであろう私たちには無用なものである。というか父さんのどでかいBOSEを頂きたいところであります。

ともだち

 面白いな20世紀少年は……
 戦時中の日本とか某地上の楽園とか幸せを実現する党が政権を執ったらこんな感じかしらと思った次第です。

悪の遺伝子―ヒトはいつ天使から悪魔に変わるのか悪の遺伝子―ヒトはいつ天使から悪魔に変わるのか
(2009/05/22)
バーバラ・オークレイ

商品詳細を見る

 さてなかなかこの本は面白かったです。毛沢東はヒトラーは邪悪でありながら何故実権を握ることができたのか? という謎に迫ります。意外にボーダーちゃんは男が切れなかったり、意地悪なお局が会社を支配してることって身近にありますよね。ちょっとした、人気者の独裁者は周りにいませんか?

 犯罪者は恵まれない環境で育った場合が多いと言われていますが、同じような環境で育っても苦境を乗り越えて聖人になる場合もあります。
 正常な人と犯罪者などの脳や神経の働きを調査比較し、犯罪者は脳のある部分が大きすぎたり小さすぎたり、たとえば衝動や感情のコントロールをする部分の働きが弱かったりするそうです。ちなみに成功者と犯罪者は割と性質が似通っているところがあるそうで、「青少年の犯罪率が低い日本はある意味逆にヤバイ」という見解を示す精神科医もいます。

 精神疾患にかかりやすい遺伝子もいくつかは分かっているそうです。その素質を持つ人は感受性が強すぎてなんでもないことにショックを受けすぎたり、正常な人は嫌な記憶を忘れられるのに何年も人を恨み続けたりします。このような人は愛情たっぷりに育てられれば発病しませんが虐待などの問題のある家庭で育つとそれがきっかけで発症することがあります。

 そしてもう一つの謎、自殺の原因となる鬱病の遺伝子は何故淘汰されないのか? 統合失調症や鬱病も身内にいると遺伝する率が少し上がります。遺伝的な障害は何故淘汰されないのか?
 障害は才能と引き替え(トレードオフ)の面があります。たまにテレビに出ていた「一瞬見ただけですべてを記憶する人(カメラ・アイ)」は脳の忘却機能が壊れた人です。神経質な人や完璧主義の人は完璧なものをつくりあげて仕事なり作品なりに打ち込みますが、理想に届かないと自分が許せなかったり、もっともっと上を目指してどれだけやっても満足感が得られなかったり、賞賛される可能性はありますが面倒な人生です。

 遺伝子の悪い面も、何か必要に刈られて適応した結果に手に入れてきたものです。面白いもので同じ遺伝子もいい方に働くこともあれば悪い方に出る場合もあるので結局プラマイゼロのカオス。

 ああまとめるの面倒になってきたけど必要悪という意味がやっと分かった気がしました。

オフィス環境改革

 机と机の隙間を厚紙で適当に置いて埋めていたのを、きちんとかわいい麺でぃんぐてー婦出きっちりと産めたことから始まった。書類入れは百均でかわいいのを買った。伝票があるか見やすいように穴開けパンチの上に厚紙を置いて斜めにして、その上に紺色の特殊紙を置いた。色つきのホチキス芯を買ったがあまりよく留まらない。好きな画家のA4サイズの絵を飾り、カードス単打の代わりに凱旋門の形のクリップで留めた。ファイルボックスを買って作業用と保存用に分けた。一つは和風の好きなやつにした。

 好きな絵はがきを書類入れのボックスに二枚飾っている。印象派の明るい優しい色合いの絵だ。もう一つは昔の広告の美人画。たまにミュシャとかと入れ替えている。

 明日は銀色のペンを持っていって、紺色の紙に伝票入れようのかごと書いておこう。

最近の創作意欲

 昨日の夜中にすのこを組み合わせて棚を造るというアイディアを実行してみた。釘を打っていい時間ではないし電動キリもねじもないし、だいたい工作は苦手だ。刈田はいいがもてあましていたカントリーっぽい無漂白の麻ヒモがあったので試行錯誤しながら縛り付けてなんとなくそれらしきものになった。ただコの字というか、横二枚と天井一枚を遇わせただけなのでカンタンに崩れる状態である。今更気づいたのだが、ベッドに座るとちょうど作業台によい。
 すのこ机の上でレシートをノートに貼る作業を終えた。
 今から手帳をチェックして目標クリアチェックをする。

 ずーっと気になっていた、メンサロの予約の変更と車の定期点検の予約を昨日入れた。どーーーも電話で予約するというのが非常に億劫である。無意味にターボ車なのにエンジンオイル交換もさぼり気味。
 ああ歯医者に行かなければ。行かなきゃいけないんだけどなあ。

words

宛先のない手紙を配達する郵便屋です。
はい、ちゃんと配達に毎日出かけております。
お渡ししたことはまだありませんがね。

【小林賢太郎】Dropレビュー

 オンラインのTSUTAYAじゃなくてリアルTSUTAYAにあっさりありましたとさ。

 今回はバカ爆発で大爆笑でした。いやー面白い。maruやtextみたいにしんみり系や小難しいのが好きな人だと物足りないかもです。


ネタバレ回避です。




続きを読む

タイトルなし

20090824225433

 壊れたアロマポットの電球と台の部分にダイソーの園芸品コーナーで買ったおそらく本来は植木鉢か何かを入れるためのものに無理にはめこんでみました。穴を開けて刺しただけなので割とすぐにすっこ抜けそうになります。というか木に棗電球が接触すると熱さで焦げそうです。雰囲気はばっちりですぞよ。

真夏の大掃除は汗だく

 引っ越しする気かという勢いで片づけた。がらくたボックスや折り畳みベッドをとりあえず隣の部屋へ移動。開かずの押入を開けて思い出の品を捨てたり、昔のアレゲな絵とそうでもない絵、各種検定合格証書だの誉けれな類の書類を発掘整理。意味不明な布団類を捨てて母から後にどやされる。

 天井の板が外れているのでおそるおそる開けてみるとコロコロと見てはならないモノが転がり落ち積年のほこりが舞う。あぁ……
 ベッドの下もほこりだらけだった。置きっぱなしの本棚もほこり。掃除機のノズルに隙間用のはぼきなどをつけてひたすら掃除。マスクしても埃っぽい。汗だくになって、四つん這いになり、やぶれたゴム手袋でカーペットの表面をこすりゴミを取ってからまた掃除機。

 水分補給のお茶だけではもの足りず、キンキンに冷やしたグレープフルーツジュースを飲み下す。ぼんやりしてからお昼へ。魚のおいしい居酒屋ランチにいったが、刺身はうまいし鯛のアラ汁の出汁のうまみ。こんなに脂乗ってる秋刀魚、しかも煮付けは初めてです。腸を必ず取り除いて食べる私は卵があるとは知らず、彼氏がこれが卵だよって教えてくれた。にしてもこの内容と量で千円って。安すぎるだろう。器もそこそこのもん使ってるしね。

 ナチュラル系の店で買い物。彼氏は有機コーヒーを買い、私も飲ませてもらったが酸っぱかった。自分は会社のおやつようにミックスドライフルーツ&ナッツ買った。

 図書館でさっと返してさっと借りて百均へ。
 ……店の半分くらい片づいて目当ての文具がない。ショッピングセンター自体が改装のため半年間ほど一旦閉店だそうだ。
 えぇえええええー聞いてないよ! オサレな百均で割と品揃えも多かったのになんなのさ!
帰って母にブチキレられつつ後始末。ああ家具を運ぶのは彼氏にお任せ。頭枝が押入は二階部分しか片づけられなかったので次回は下の段に手をつける予定。
 

お掃除計画

 描くの忘れてましたが彼氏のパニック障害が復活してきました。一度目俯せで寝た状態でで発作を起こし、薬を飲ませてその後の対応が今ひとつ分からなかったのでぴっとり上の覆い被さりました。くっつくと癒されるのです。

 ダイソーにて色々購入。会社の整理整頓で必要なものを探し回る。結局文房具や雑貨を見るのが大好きなので普通に時間がかかって予定オーバー。かごに欲しいだけ詰め込んで、後で冷静になってから「んー」と思ったモノは買うのをやめるのだ。取捨選択後、戻すのに時間がかかるので見かねて彼氏が戻しに行ってくれた。

・パソコンのウィンドウの周りにちいさなつるを這わせる
・板とその上に載せる書類かごの間に芝生を挟む

最近の造花レベル高いな。雑貨屋より質がいいときがある。一輪挿し、ミニブーケ、ばら売りはもちろん、しずくつきや各種のは納屋つる植物のリース、カントリー調まで。迷うだけあるわ。

あと大好きなメモプランナーのパチモノがありまして、表紙&下敷きがやわらかいのが難点ですが二冊セットだし大好きな鍵モチーフ柄だし。あとカードスタンドも会社用に欲しかったけどなかなか納得のいくものがなくてさんざん悩んだ結果、カードスタンドとしても使えるクリップwithマグネットつきを買った。だって凱旋門ぽかったんだもん。これで会社に行くのがちょっと楽しみになる。

 いつものショッピングセンター内の化粧エンカウンターへ。目当てのハッピーバスデイの限定は入荷未定。客が妙に少なくのんびりカウンセリングしてファンデからアイメイクまでやってもらった。肌の悩みも聞いてアドバイスもらい、やっぱカウンターで聞くべきだよなあ改めて思った。百均にいくと百均で十分じゃんって思うけどな。彼氏がやたらと肌の状態を見てもらいたかってました。というか私より状態が良かった。
 必要なクレンジングだけ買って帰る予定だった。本当はファンデもお粉もないけど秋冬用は発売日がまだ先だし、会社は割とどうでもいいし滞在時間長すぎてファンデなんか崩れるしで下地とベビーパウダーで誤魔化す予定でした。アイカラーと薄目のサイズのお粉が限定品だったので買ったさ。だってなめらかな質感で粉なのにクリーミーなんだよ今度のエスプリークは。

 早めに引き上げて八百屋で冬瓜丸ごと一個その他買ってさっと帰った。彼氏がナルコレプシなので昼寝させて私は料理にチャレンジ。どーーーしても冬瓜だ食べたかったんだよ、もう夏終わりかけてるけどさ。
 おかんは野菜がないを料理してくれない。単純に買いに行くヒマないから日持ちしない青菜は駄目なのよね。冷凍野菜を買っておくとちゃんと使ってくれる。というわけでまるごとさばいて火を通さないと冷凍保存できないわけよ。これが時間がかかるかかる。前半後半分けてゆででその間に米研いでざるにあけてから炊いたよ。鶏肉すらなかったので買ってきたエビをざるに空けてジプロックにつめたまだまだ熱さの残る冬瓜の熱で溶かした。ああ効率的。
 ごはんは妙においしく炊けた。米が変わったのかと思ったぐらいに。冬瓜とエビのシャンタンスープも好評でした。

彼氏がいると言ってみた

 仕事がヒマだとみんなが話しかけてくる。こちらはぼーっとするほどヒマではないがまあコミュニケーションは大事だし、おしゃべりは楽しいし、でも忙しいからちょいうざ。
 まあリーダーが声かけて在庫の不具合解決プロジェクトがやっとスタートしたわけだし。

 彼氏できたかとリーダーに聞かれて「うん」と答えてみた。単に嘘がつきにくい性分ってのもあるけどさ、「嘘だー」って突っ込まれるの期待してたのよ。その後に「心の中にはいるんだ(今は転勤していったが他社の営業のこと)」とボケる予定だったのよ。しかしわずかな間と、嫉妬1割好奇心9割ぐらいの感じに目が見開いて、ああやばい本気にされてしまったわコレ。
「へーそうなんだぁ、ど゛んな人なの?」
「あ、真に受けちゃった?」
 嘘をつかずになんとかごまかしました。

白いクスリ

眠気が通常の眠さと違うのに突っ込まれたので「夜中に掃除して疲れました」と言いました。
「ありょーしゃさんは何のヤクをやってるの?」とも言われました。
「ビオフェルミンです」
食後は早く薬を片づけよう。

腹痛

おなかが痛い。整理終わってちょうど半月。まち不正出血したら嫌だ。

お掃除

 なんとなくのんびりできるようで早く帰れません。休み明けなので体力はまあまあです。

 明日からはみんなで協力して注文の数量の不具合を治すために人海戦術。久しぶりにみんなの前でパソコンの説明をするのだ。

 今日は平日だというのに掃除しまくりですよ。掃除城之崎に着ける細いところ用のノズルをゲットしたのでエアコンの上から何から掃除してます。ああ色々買わなきゃ。単三単四電池もないし模様替えしたいよう。
 タンスやら色々な上のところにモノがある状態です。

 あと某所でオススメの類語辞典と国語辞書買いました。使うのかしら。

のんべんだらり

 メンヘルの日にお誕生日記念旅行の予定を入れてしまいました。
 なんだかんだで三日間も休みがあるとちょっとリフレッシュ。
 僕は左肩の痛みが激しいんです。昨日気づいたのですが、キーを打つときに左手の平で体重を支えて右手はフリーに浮いてる。左手用のキーボードレストを買うべきだろうか。

語術間デートは長時間

 昭和レトロを見に行きました。会場は狭いのですぐ終わるかと思いきや、かなりの時間がかかりしました。展示してるモノがモノなので話が盛り上がっちゃうんですよね。ホーローの看板や古い家電、煙草のケースのデザイン一覧(全部ホープ)、古いレコードやおもちゃ。懐かしいモノやツッコミどころ満載なもの、古くてさすがに今の時代には合わないだろうというもの、家にあったら怖すぎてうかつに捨てられないものなど。

 昭和三十年代メインなのですが、彼氏がこのころは良かったねぇなんて生まれてもいないのに言うので「このごろは少年犯罪が一番多かった年だよ」と教えてあげました。

 どんどん時代をさかのぼると急におもちゃが少なくなります。そう、戦時中です。カタカナを覚えるための積み木ブロックは「に 肉弾」「ラ ラッパ」とかそんなんです。カタカナを覚える年頃の子どもにこんな言葉を教えると一生消えない心の傷が原因で犯罪者になるので規制するべきですw
 カルタかメンコかわからない謎のカードは将校だの大佐だの……それまでに見たのは郷ひろみや長島やアトムのおもちゃなのに軍人ですよ。パチンコのおもちゃも爆弾の絵。双六も兵隊さん。楽しいか! カイゼルひげめ。

 あーやだやだ。戦前は外国の映画も見ていたのに敵の文化になっちゃったわけですし。軟弱な文化はNGで戦争賛美的なモノを描かないと牢屋にぶち込まれる恐ろしい時代があったもんです。表現規制が発生する状況ってこーゆーことだよなぁ。

KKTV小林賢太郎TV

 Potsunenは人名だったのかと。それと時間を嘘予告して申し訳ないです。四時にテレビの前でスタンバってしまいましたが思い切り五時からでした。コバケン、本公演で見たとおりにげっそり頬がこけてました。

 番組構成はPotsunen氏の一日というストーリーで、合間合間にインタビューと実際にコントができるまでのドキュメンタリーが入ります。Potsunenシリーズのネタの再構成だけかと思ってたらネタかぶりがほとんどありませんでした。DVDと同じなのはノマキューブ、ハンドマイム、パドルのみ(ショートにぶったぎり)です。ハンドマイムは更に動きがなめらかになったような気がしました。

 というわけで以下は内容の感想なので未見の方はネタバレ注意警報

Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2008 『DROP』 [DVD]Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2008 『DROP』 [DVD]
(2009/08/19)
小林賢太郎

商品詳細を見る

 OPのCGアニメーションが相変わらず素敵です。
 冒頭はDropの映像がちらりと入りました。
 全体的に違和感を感じるのは中途半端に舞台っぽいからでしょう。舞台風のセットでお芝居をして、昔のドリフみたく舞台が回転して場面転換。回転しないセットでは極端にものが少なくて入り口と壁だけだったり。しかしテレビ番組なのでスタッフ笑いは聞こえてくるし、途中で違う映像が挿入されるし。本公演ライブでもカメラワークは当然あるし
THE JAPANESE TRADITION ~日本の形~ [DVD]とか映像作品もあるんだけどなぁ。

 とりあえず一発目のネタがラジオ体操の自由な解釈。編集されたのが残念。
 アナグラムのある風景は冷蔵庫を開けると麗子像があるという展開。画面の一部にアナグラムの文字カードを並べ替える映像が早回しで入ります。確かに小林賢太郎のあの動作ってゆっくりすぎて見てるとちょっとだるいんだけど、速度あげたり編集したりすると何かが違うのよね。
 ミックスジュースに関しては「リスモのことかー!」とつっこみました。途中から舞台上のモノじゃなくてアナグラムの穴通りにコバケンの絵が来るんだけど、またおうどんが出てきます。ようやく気がついたが、この鼻兎似のおうどんの目は、やはりコバケンの目に似ている。

 意外だったのは、コント作りはてっきり脚本から書き始めのかと思いきや、まずはイラストにするんだそうです。しかも筆ペンでさらさらと描いてる。ドラゴンやら舞台セットの図案、トランプのカード顔など色んなタッチの絵がありました。アトリエは見た目広くて、大きな作業デスクにカッターマット、電動のこぎりなどがあり、ほぼ工作室です。石油ストーブまで学校にあった旧式のタイプでした。
 小道具も自作だそうです。色々な方面から発想してるんだなぁと感心。

 クロマキーという昔からある合成技術を気に入ったようで、自分のパントマイムを撮影して後から色々な映像を合成してボケが完成するという、逆ハンドマイム的な作品ができあがりました。
 冒頭からずっと機関車の話をしてますけどこれは小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」 [DVD]つながりですかね。

 それにしても仁さんみたいに嫁や子ども(いるのか?)の話を全然話が出てこない。そういう家庭を仕事に持ち込まないところはファン的には潔いが、嫁さん的にどうなんだろうか気になってしまう。なんか仕事第一そうだもんなぁ。

 ポツネン氏による腑に落ちない展。
 ハンコ撲滅キャンペーンのハンコが気に入りました。制作頼まれたハンコ屋の反応のが気になるところです。よくあるフレーズ、「遺伝子組み換えは使用しておりません」「カロリーオフ」「これ一本で一日分の食物繊維」「植物生まれの。」が書かれた毒薬類は個人でも何か作れそうです。
 ろうそくに火をつけるとすぐ消えるシリーズり図で、最後に本当に造ったものが出てきてピタゴラスイッチ的でした。NHKじゃないとできないよな。どうせならサラリーマンNEOに出て欲しい。サラリーマンじゃないけど。

 クランクアップかと思いきやもう一本「テレビ」というお題を与えられる小林賢太郎。条件は三つ、3分間、ノーカット編集なし、カメラは固定。見事それをクリアしてなおかつ裏をかいた「編集があるかのように、カメラワークがあるかのように見える」作品を作り上げました。もう、ひねくれた上に頭良すぎ。天才と見える努力家タイプですね。努力できること自体が才能ですから。

 できたぁ~とくずおれるコバケンがカワユス。

自称ハワイに行って来ましたw

 昼前になってから「きれいな海を見に行こう」と海を越えた離島に行って来ました。片道2時間かかるので私は途中からお昼寝。
 途中で雑貨も置いてるアジアンカフェでお食事。アジア系というと安っぽいのがごちゃごちゃ置いてあってB級感満載だったり、店主が俺イズムを醸し出したり、何かに目覚め気味だったりするので期待してなかったんですが普通に素敵なお店でした。普通にソファで居心地いいし。余白の多さで店の格が決まるよなぁ。チープなものは置いて無かった。用途多彩すぎるパレオやベトナムのシルクバッグは値段の割に結婚式に持って行っても大丈夫な質感。

 生春巻きとナシゴレンとかそれ的なものを食し、ハーブティで一息。ヨガ用のパンツが値段相応だなあ、と思ったらものすごく麺の肌触りがいい。しかし色んなポーズができるストレッチウェアなのでポケットもベルトループもないので衝動買い回避。まあこういうアジアンなのって趣味ではないんだが、初めてアジアンモダンじゃないけどチープ感がない店もあるもんです。いやぁ狭い県内探せば色々あるもんだ。

 渋滞しながら橋を渡りエメラルドブルーの海へ。雑誌でスウィーツの店を探して行ったわけですが行けども行けどもたどり着かない。地図上では海沿いに島の四分の一くらい行けばたどり着けそうな感じだったんだけど……おっとここで島ならではの距離感の長さが発動しましたよ。これだから田舎は! 海すごいキレイ! あ、赤潮。ちょっと砂浜があれば勝手に人が泳いでます。どこでシャワー浴びるんだ。地元民か。
 やーっとたどり着いた店は小さくて駐車場も道路も埋まってる。お客さんよくこんなところまで来たなあってぐらい次々ご婦人方が入ってきてレジやテーブルの片づけが追いついていない。クレープwithアイスとオリジナルジャムを食べて、ゆるゆるカフェの手作り雑貨を見て蜂蜜買いました。ジャムの元になる柑橘類やベリー類や桃を育てていると当然受粉する蜂がいるので蜂蜜も売ってるのだ。スーパー売っているものと違ってちゃんと味がする。今日の買い物はこれだけなんだからねっ。思い出はプライスレス。
 目的地のビーチはここからがまた遠かった。この距離感とりとり級。にしても孤島がたくさんあるけど誰か住んでるのかなあ。絶壁ばっかりで船着き場がなさそうだ。視界は鮮やかな緑と太陽の光、海の蒼。人柄がのんびりするはずである。ここでぼんやりしてたら気づいたときには二年ぐらい経ってそうだねと言って二人で笑った。

 島の一番奥に行くと海の透明度はMAX。海の底の砂がよく見える。温泉もあるし、海の家やキャンプ施設や食堂がきれいで、これはちょっとしたリゾート地ですぞ。あぁ水着持ってくれば良かった。風景が日本の海じゃないよ。湿気少ないし。家族連れが一杯だよ。シュノーケルで軽くダイビングして何か採っているし。
 ホテルやコテージではない建物があってなんだろうと思ったら、彼氏曰く、金のある東京人がここに別荘を買うそうだ。

 途中で寄った道の駅の裏に海の家のような店があって海産物を売っている。ああ潮風の香り。生きたタコが生け簀ですやすやと寝ている。一尾ごとに赤い網に入れられて、発泡スチロールに値段が書かれてヒモで網に結わえ付けてある。小さいのは千円で大きいのは四千五百円だった。
 食品の会社に勤めている私だがカキは冬だけだと思っていた。夏は岩ガキってのが食べられるのね。岩ガキってすごく大きい。殻が普通に手を広げたより大きい。見た目ちょっとした岩の固まりっぽい。生食できるのに一個300円(殻開け代100円は別)。怖いけど生牡蠣チャレンジです。確か岩ガキって殻はでかいけど中身がちょびっとしかなかっいやつのことだよなぁ~と思ってたら普通に中身もそこそこ大きかった。お総菜コーナーの牡蠣フライで売ってるサイズじゃないよなあこれ。
 味ぽんをかけただけの生牡蠣をおそるおそるつついて匂いをかいで、箸で端っこのヒモの方から剥がして口を付けた。口に含んだ瞬間生臭くない磯の香りが広がる。旨い。一気に残りをすすって、かみ切れないので一口で食べた。じゅわ~と中から汁が。おお、これが海のミルクですか兄さん。兄貴はいません。
 侮れないなぁ、海産物豊かすぎ。カブトムシも350円で普通に売ってるし、これ都会っ子は高く買うんだろな。カキのうまさでテンションあがったのか彼氏が試食用の乾燥ワカメをぶちまけました。店の人をすぐ見つけたので「すいません、落としてしまって」と謝った。

 にしてもあんな島の奥まで行っても納品先にたどり着けなかった。どんだけ遠いんだ小太りの営業エリアは。
 帰りは全国のお取り寄せランキングに入ったラーメン屋で晩ご飯。メニューがラーメン、餃子むすびといなりしかない潔さ。チャーハンすらない。なんかインパクトのあるものを想定していたがものすごく普通でした。背脂も控えめだし、トッピングも、もやしネギチャーシューと超王道。尾道、北海道でも博多でもない。あえて言うなら塩分が少ない。
 山の中の道なのでトラックの運転手がよく来るらしい。昼巻き満員で座れないそうだ。

 と楽しく過ごしたのに何となく不安なのは何故かしら。

ジャスミンティーじゃ寝られない

 さすがに超過労働が続いたせいか、昨日あたりから午前中は頭が使い物にならなくなってます。
 通勤の運転はちょっと怪しかったが、発注してる間はまだ集中力があるのよ。終わるとswimerが襲ってくるんですよ。久しぶりに居眠りにすとんと陥る。頭脳労働はできないので伝票を分ける作業に切り替えるも難航。手元がおぼつかない。ぼんやりして三枚複写の伝票を三つに分けるということができない。昼頃になると薬が抜けて復活できるんだが、こういう暇な日は発注が終わるのも早いので空き時間があるのに雑務を片づけられず。

 所長は自分の手落ちで大事な得意先の予約分を欠品させ、私や色んなところになすりつけようとするが、いじめっ子改めリーダーが口答えを開始。
 そもそも私は在庫管理なんかしていないので「部長に言ってくださいよ」と言っても無視して文句を言ってくる。所長は自分の責任に話が及ぶと終わったことと話をはぐらかせる。その間に眠気に耐えかねて長いトイレ休憩して戻ったらまたリーダーが所長に文句をつけていた。若干受注課に話が飛んだのでキレたらしい。
「こっちは誰も何も聞いてないんだから欠品は防ぎようがない。お客さんと話してちゃんとグループの全店舗の予約を聞いてくるとかしないとまた同じ問題が起きますよ。解決策をちゃんと立てるべきじゃないですか」
 あまりに逃げ道のない正論を言ったら所長がどっかに行ってしまいました。リーダーが「私間違ったこと言ってないよね」とカッカしてました。代わりに怒ってくれたのでうんうんと同意した。

 ヒマだったのでみんなからネタにされる。髪の毛切らないのか、切ってあげようか、しかもライターで焼き切ろうかとか。「お盆はどこに行くの?」「実家」「実家どこ?」「I市」「近いよ」「最近楽しかったことは?」「千里香っていうお茶を買って」 一同?
 あの岩茶系でね、と説明しようとしたら余計「えっ何?」という顔をされたので「いや、色々ジャンルがあるのよ」で済ませて「ジャスミンティーなら今あるよ」「飲ませて~♪」ということで、みんなにお茶入れました。「熱っ」「でもいい匂い」とリーダーとその相方には好評でした。ちょっとうれピー。

 お塩がすっかり霞んだけど、旦那が逮捕されたときの状況とか後出しの情報が多すぎだよなぁ。当時は自殺の可能性があったのかもと思って報道を控えていたのかも知れないけど、警察に任意か強制か聞いたり二時間も警官ともめて所持品検査や尿検査を頑なに拒否した時点でアレだろうと。
 むしろマスコミは「清純派女優、夫のことで自責のあまりに自殺するかもという悲劇のヒロインから一転、本当は自分がシャブ漬けでしかも逃亡の段取り良すぎ」とい最初から落とすつもりで持ち上げてただけだったんじゃないのかと邪推している。

小学館警報 周杰倫


オラえもんのことかぁーっ!



 無双、という曲がオンラインゲー主題歌と今知りました。主題歌なんかあるんやね。ジェイのキーは前から高く、きれいな裏声がウリだとは思ってはいますがこの歌でファルセットしすぎ。悲鳴みたいになっちゃって若干残念。ライブで歌いきれるの? だいたい三国志だよ。
 誰かがかっこいい和訳をつけてくれてます。職人乙。方分山(ヴィンセント・ファン)は相変わらずいい詩を書くなぁ。

無駄なクォリティ


効果音はドラゴンボール。しばらく待つと吹けます。

帰りが遅い

 仕事場出たの10時過ぎだべ。

 なーんか通常業務が終わらないんだよなぁ。眠気覚ましにどうでもい奥の方を整理してものを捨てたり、箱を切ってファイルボックス代わりにしたり。いらない書類を発掘しては焼いたり、ちゃんと燃え尽きるように灰をかき回したり。
 ぬーーん。

 さすがに疲れがたまったせいか午前中は頭が働かないので手作業→片づけに熱中→色々なトラブルが起こる→気がそれる→やろうとしたことと別のことに目がいく→作業途中のものが机に散らかる→本来の業務を忘れる。

 バ カ か !

【容疑者】総統がマンモスかなぴーみたいです【逮捕】


何故総統閣下シリーズってこのシーンなんですかねぇ。原作の映画見たことないや。

疲れた

 掃除しまくりました。五徳はもちろん縦走に浸け置き。もうね、キッチンの油はねよけのアレ。ヘドロ状のものがガスコンロの裏側に落ちててひどいのなんの。ねっちょりして重曹+クエン酸攻撃してやりました。彼氏は午前中は放置しましたが、彼は彼でニコニコをエンジョイしてました。この人以外にほったらかしても適当にくつろぐのよね。
 どーも気を遣いすぎてしまうのか。買い物でものすごーく待たせたりしたときに、大丈夫って何回も聞くね。いや聞いて当然だろう。いいんだよ、大丈夫だよって言うけど内心どーなのかなぁと不安になるのである。というのは自分が本音をなかなか言わないからなんだけどね。

 百均で二時間半……もうのどはカラカラだし疲れて頭働かないし。会社の色々なものを整理して作業効率を上げるために色々買ったのさ。何故か造花、人工芝が充実していたので一輪挿し風の造花を買いました。造花でもデスク周りにあったら癒しになるかしらと思って。本当はアイビーのツル系か人工芝を設置したいんですがさすがに諦めました。もっとかさばらないやつならいいのに。

蒼いうさぎはのりピー音頭を踊ると死んでしまうのよ

酒井法子容疑者の弟は暴力団組員…先月麻薬取締法違反で逮捕l

178 : カラタネオガタマ(東京都):2009/08/08(土) 05:34:03.89 ID:4IRY1CgO
>>131
新番組「ひとつ堀の中」が放映されるよ


↑吹いた。

 シャブ中のイメージが全然なかったせいか酒井容疑者の一件がマンモス衝撃的でした。やっぱゲーノーカイは恐ろしかとこですたい。

 僕は子どものときにのりピーグッズのノートを毎日の宿題用に使っていて、しかものりピーマンの漫画まで描いてました。宿題の余白を漫画で埋める生徒に先生は何も言いませんでしたねぇ。字が汚くて読めなかったのかも知れませんが。

 サンミュージック所属ということすら初耳。最初は社長が「責任を感じて最悪の事態(自殺のことかと思った)になるのでは」と発言してました。電波が確認されたのも樹海付近だったので真に受けてましたが、酒井宅から覚醒剤が見つかって「酒井容疑者」に。衣類などを買ったことが確認され、逃げる気まんまんじゃねぇかこの野郎。
 親父殿が「検査しても薬物反応が出ないようにちょっと行方眩ましてるだけ」と教えてくれました。父はヤバイ薬の本を所持してるだけあって詳しいようだ。実際は髪からも薬物検出できるらしいですね。毒入りカレーのときもそうだったし坊主にでもして出頭したのかしら?

 人が死んでるお塩の方が重大なはずなんですけどねぇ。何死んだ人ほったらかしてしかも呼びつけたのが救急車じゃなくてマネージャなのかと。
 今日はサービスエリアでお塩初主演のDVDを見つけたので目立つように表を出して目立つ位置に置き直してみました。
カラオケ [DVD]カラオケ [DVD]
(2005/11/25)
押尾学吉岡美穂

商品詳細を見る

○~maru~のネタバレですが

クオリティ高杉。激しくネタバレなのでmaru見てからでないとと面白くありません。
KENTARO KOBAYASHI LIVE『POTSUNEN』& KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2006『○ ~maru~』 [DVD]KENTARO KOBAYASHI LIVE『POTSUNEN』& KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2006『○ ~maru~』 [DVD]
(2007/01/17)
小林賢太郎

商品詳細を見る


情報の過食症

常に飯時や昼休みに本を読んだり、寝る前にパソコンいじってニコニコ見たり、その後に本を読んだりみっちり情報ほ注ぎ込み続けて疲れてしまいました。
インプットしてもアウトプットがないからね。雑学仕入れたところで披露する場面もないし。
たまには放電。大事。というか頭使いすぎて疲れる。

パートに作業をかなり渡しているのに帰りがちっとも早くならない。
今日も発注がコケてたし。前にも同じ現象が起きたから原因はだいたい見当がつくんだけど具体的にどこの設定がどう変なのかが見えてこない。
というかちょっと設定間違えてもその通りに実行されるだけのはずなのですが、全然関係なさそうなところの設定で滅茶苦茶になるというなんともバタフライ効果なシステムなのだ。ガラスのように繊細なんだよ……担当のSEはゴキブリ並に図太いが。お前残業代払えよ。中小なんて残業代なんか出してくれないんだよ。

海に行った

10年ぶりくらいに海に行きました。相変わらず汚い海です。

彼氏が要領悪くて、うきわの栓のつまみ方がわからなかったり、空気入れで空気入れたり浮き輪の中が砂だらけになったりしていらいらしました。
もう、こうやってこうしてね、なんて言いながら、ああ私はすでに彼氏のオカンと化しているのかと逆ギレ。いやこっちはこっちで面倒見てもらってるんですけど。してあげるのが嫌いなんだろうな私は。

海の家というものを初めて利用しました。単に食べたりシャワー借りたりするところじゃなくてスペースを貸してくれるところなのね。
なんとか晴れたけど……朝早くに行ったせいもあって素足で砂浜を歩けます。水が冷たい。小学校のプールの授業かよ。しかし意外に人間慣れるもので普通にばちゃばちゃ泳いで童心に返りました。潜るのが好きなので彼氏をほっぽってちょいちょい潜りましたが息が続かない。たまに小さな魚の群を見かけたり、海の底にたくさんある小さな穴は何なのか考えたり、砂が砂漠のように模様ができていることにちょっと感心したりしました。
普通にランチを食べられる海の店が隣にあったのでパスタ食べた。ちゃんとおいしかったです。そんなにバカ高いわけでもないし。サラダのドレッシングもおいしかったし。
こういうイベント時だとなんかジャンクフード類がやたら高いというイメージだったがそうでもないんだなぁ。
海の家で休んでそのまま寝そうになるがなんといっても寒い。絶対風邪引く。泳いでいるときは何ともなかったのに、潮に濡れた水着が生乾きになって、肌に触れているところが赤くなりました。痒い。
昼からまたちょっと泳いだけど大して水温が上がってない。今年は天気の悪さ以外に風などの条件で温まった海水がよそに逃げているらしい。
体も疲れて、いい気分転換になりました。

しかし別に何がというほどのこともないのだが、小さなことが重なってなんだかご機嫌斜めになり、家に帰っても彼氏に冷たくしましたが何も気づいていないぽい。
来年の結婚に向けてとか本来なら嬉しいはずのメールを彼氏が送って着ていたが、この人と結婚したら実際問題道なんだろうとブルゥ。気の早いマリッジのブルゥ。
生理前、また来そうで来ない状況のせいだと思いたいものだ。

words

男はハンドルをぐるぐると回している。
ぱたり、ぱたりと数字の書かれたプレートがめくられていく。
私はそれが数字だと知っている。
二枚のプレートなのだから二桁の数字だ。
では何の数が書かれているのか、と聞かれると分からない。
画面全体がやわらかくにじんでいる。
古いモノクロームフィルムの中に私はいるのだ。
数字はぱたりぱたりと変わり、時折男は数枚手にとって戻してみたりもする。
私に見せているのか。
それとも私が見えないのだろうか?
私はおそらく椅子に座って彼を見ている。私はちゃんと自分の体の中にいる。
中にいるのだ。自分が自分そのものでなくて、自分が自分という肉体の中にしまい込まれている。
他人の体ではない。私は私だ。いや、私は私の体の中にいる。私は私であるし、私は私の中にいる。私は箱のようなものなのだから動くことも考えることもない。しかし私は考えているし、私の目を通して見ている。覗いている。しかし私の中にいるので私はわたしではなくなっている。
私は私ではないものなのだろうか?
もしや私は彼なのだろうか? それとも彼が私で、私はここにいないのだろうか?
いやも間違いない私は私だ。この奇妙な矛盾した感覚は何なのだろうか。
男はぱたぱたと数字をめくっている。私はそれを見ている。見ている。視線を外すことはできないし、そうするつもりもない。
彼は何故数字をめくり続けているのだろうか。
私への暗号なのだろうか。
私は何故ここにいるのだろうか。
私はいったいどこにあるのだろうか。

最新記事

カテゴリ

プロフィール

Author:ありょーしゃ
過労→希死念慮→自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)→当事者会を立ち上げる前に辞める→旦那の献身的な対応で私生活は問題なし。

FC2カウンター

読んだ本

last.fm

twitter

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。